エディオン、データ漏えい7.7万件 運送管理サーバーに攻撃か

share

エディオンは4月11日、サーバーへの不正アクセスによって、エアコンなどの配送・設置に用いた氏名や住所など合計7万7656件が削除され、流出した恐れがあることを発表した。運営を委託しているグループ会社で8日に確認した。

流出の懸念があるデータは、氏名や住所、電話番号7万3540件のほか、荷物受け取り時のサインの画像3563件、写真553件。クレジットカードなどの決済情報は保持しておらず、含まれていない。

一部稼働を始めていた、新しい運送管理システムのサーバーに不正アクセスがあった。くわしい原因を探っている。流出した恐れのある顧客向けに謝罪と説明を実施するほか、11日付で個人情報保護委員会と警察へ届け出る。

4月1日施行の改正個人情報保護法では、個人データの漏えいなどによって個人の権利、利益を害する恐れがある場合、個人情報保護委員会と本人への通知が義務化された。

Follow Us