コラム

コピー年鑑と私

まだ見ぬ視点を採集する(文・尾形真理子)

share

東京を中心に日本全国で活躍するコピーライターやCMプランナーの団体である東京コピーライターズクラブ(TCC)。「TCC賞」応募作品の中から、コピーの最高峰を選ぶ広告賞「TCC賞」の入賞作品と優秀作品を収めた『コピー年鑑』は1963年に創刊、2022年度で60冊目を迎えます。各年鑑はその時々の時代性を広告という側面から反映した貴重なものとなっており、特に、コピーに関してはバイブル的存在として受け入れられています。
そんな『コピー年鑑』をテーマに、本コラムではTCC会員であるコピーライターやプランナーが執筆。第7回目は、ルミネの広告などを手がけている尾形真理子さんです。

コピーライターになると「切り口をたくさん見つけて書きなさい」と教わります。その日から、コピーライターは必死に切り口を探します。これがツラい。今も昔もコピーライター講座で最も多く寄せられる悩みは「どうやったらもっと切り口を増やせますか?」です。

切り口とは「視点」であり、ひとつの商品、ブランド、サービス、事業、企業、または人に対して、どれだけ多くの観点からその「価値」を見つけて顕在化できるか、みたいなことです。

なぜ、広告には、コピーライティングには、それほど多様な「切り口」が必要とされるのでしょうか? ひとつでも多くの可能性の中から最適解を導くべき。選択肢は多いほどいい。それは正解でしょう。だけどそれだけのために、わたしたちコピーライターは、必死に切り口を探し続けているわけじゃないと思うんです。

自分に気づけていなかった、または注目していなかった、そんな視点をひとつずつ発掘していくことで、この社会がまだ見ぬ、もしくは忘れていた「自由」や「優しさ」や「おもしろさ」に触れるチャンスを生んでみたいのだと思います。

TCC年鑑には、コピーライターたちがその年に発掘した視点が採集されているはずです。今年の採れ高をどうぞ覗いてみてください。

尾形真理子 おがた・まりこ
TCC 2010年入会

株式会社Tang クリエイティブディレクター/コピーライター
1978年、東京都生まれ。2001年に博報堂入社。2018年、株式会社Tang設立。資生堂、ルミネ、キリンビール、日産自動車など大手企業の広告コピーを手がける。TCC賞、ACC賞ゴールド、朝日広告賞グランプリほか、多くの広告賞を獲得。『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』(幻冬舎)で小説デビュー。

※六本木「文喫」にて「ことバー Presented by TCC」が開催中です。
開催期間:2022年4月27日(水)~6月5日(日)
営業時間:9:00~20:00(L.O. 19:00)
観覧料:入場無料

関連記事
歴代のコピー年鑑59冊を展示、TCCが「ことば」尽くしのイベントを文喫で開催

関連リンク
『コピー年鑑2021』東京コピーライターズクラブ (編集)

 

Follow Us