佐々木拓・竹田美織・前原翔一が受賞「JAGDA新人賞展」5月31日から開催

share

東京・銀座のクリエイションギャラリーG8で5月31日から、「JAGDA新人賞展2022 佐々木拓・竹田美織・前原翔一」が始まる。会期は7月2日まで。

日本グラフィックデザイン協会(JAGDA)は毎年発行する『Graphic Design in Japan』出品者の中から、今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナー(39歳以下)に「JAGDA新人賞」を授与している。1983年来、デザイナーの登竜門として、第一線で活躍する119名のデザイナーを輩出してきた。

40回目となる今回は、新人賞対象者137名の中から厳正な選考の結果、佐々木拓氏、竹田美織氏、前原翔一氏の3名が選出された。本展は、同賞受賞者による展覧会となる。3名の受賞作品および近作を、ポスターやプロダクトなどを中心に展示する。

6月15日(水)には、受賞者3名に上西祐理氏をゲストに迎え、オンラインでクリエイティブサロンを開催(要予約)。また、6月8日(水)には、こちらもオンラインで受賞者3名によるギャラリーツアーを開催する(要予約)。

JAGDA新人賞展2022 佐々木拓・竹田美織・前原翔一
場所:クリエイションギャラリーG8
日程:2022年5月31日(火)~7月2日(土)
時間:午前11時~午後7時 日曜休館
入場無料

 

佐々木 拓

1985年東京生まれ。2008年多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業、同年コクヨ入社。商品ブランドの企画・デザイン、空間サイン計画、コーポレートブランディングなど、平面と立体を横断しながらデザインの仕事に取り組む。主な受賞に東京ADC賞、GOOD DESIGN AWARD金賞/BEST100、RED DOT DESIGN AWARD、KOKUYO DESIGN AWARDなど。

文具メーカーのグッズ「KOKUYO MICROSCOPES」(コクヨ)

文具メーカーのツール・グッズ「EX-」(コクヨ)


竹田 美織

1986年神奈川県横浜市生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業、2011年より資生堂クリエイティブ本部に所属。2021年独立。ビューティー系ブランドをはじめ、ファッションやジュエリーブランドのアートディレクション等を手掛ける。

ファッションブランドのラッピングツール「IENA」(ベイクルーズ)

化粧品ブランドのポスター「BAUM」(資生堂)

ギャラリーの企画展出品作品「CHAMBER MUSIC FOR GREENERY」(OFSギャラリー)

 

前原 翔一

1982年東京生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。電通テック、ドラフトを経て、2019年に独立し現在に至る。

屋外作業機械メーカーの社内報のポスター「季刊誌やまびこ」(やまびこ)

シルクウエアブランドのパッケージ「Nu」(アトリエ ワイ)

花いけワークショップのポスター「花あそ部」(花いけジャパンプロジェクト)

Follow Us