ペンギン20羽に“住民票”を贈呈 すみだ水族館10周年セレモニー開催

share

すみだ水族館は、開業10周年を迎えた5月22日、「すみだ水族館10周年セレモニー」を開催した。セレモニーに出席した墨田区の山本区長が、すみだ水族館生まれのペンギンを代表して、「だいふく」「しらたま」「こまり」に特別住民票の授与を行った。特別住民票はすみだ水族館生まれの20羽が受領した。

すみだ水族館2世ペンギンである3羽が会場に登場し、代表して特別住民票を受け取った。

開業以来、ペンギンの赤ちゃんが10 年連続で誕生しているすみだ水族館。今年は初のすみだ水族館2世ペンギンが3羽(だいふく、こまり、しらたま)が誕生し、10 年の間、いきものたちの命が紡がれてきた証となった。

「だいふく」はすみだ水族館で生まれた「はなび」の子ども

すみだ水族館では、この特別住民票の授与を皮切りとし、「ペンギンのいる街プロジェクト」を始動する。地域住民にすみだ水族館をより身近に感じてもらうため、すみだ水族館のいきものを代表して、ペンギンがアイコンとなり、地域のさまざまな場所に登場する。

「ペンギンのいる街プロジェクト」の第1弾として、ペンギンがデザインされた「すみだ水族館10 周年婚姻届」を作成し墨田区に寄贈した。この婚姻届は、墨田区役所や、すみだ水族館などで配布し、全国の自治体へ正式な書類として提出することができる。


Follow Us