「ラジオを聴くことを薦めた母に感謝」大阪広告協会賞、佐治敬三賞を贈賞

share

大阪広告協会は5月26日、第74回定時社員総会を大阪市内で開き、関西地区の広告界に貢献した企業や個人を顕彰する「第65回大阪広告協会賞」と「第55回やってみなはれ佐治敬三賞」の贈賞を行った。

 
大阪広告協会賞を受賞した積水ハウスは「家に帰れば、積水ハウス」という企業・広告メッセージに代表されるように、一貫した広告コミュニケーションを展開してきた実績が評価された。

積水ハウスの足立紀生・執行役員コミュニケーションデザイン部長は、「協力会社の力によって素晴らしい映像ができ上がり、社員一同大変嬉しく思っています。この場を借りて御礼申し上げます」と述べた。

謝辞を述べる積水ハウスの足立紀生氏

クリエイター対象の「やってみなはれ佐治敬三賞」を受賞したのは電通関西支社の正樂地咲氏(クリエーティブ・デザイン局 プランナー/コピーライター)。ダスキンの一社提供ラジオ番組「無理なくつづく」(FM大阪)が高く評価された。

正樂地咲氏はラジカセを持って壇上に立ち、「ラジオを聴くことを薦めてくれた母親に感謝しています。もちろん、父親にも感謝しています」と笑いを誘った。

正樂地咲氏(電通関西支社)はラジオCMにちなんでラジカセを持って登壇

またサプライズとして、ダスキン提供のラジオ番組に出演したお笑い芸人ロングコートダディからのビデオメッセージが披露され、会場を盛り上げた。


Follow Us