伊藤忠、AKQAと合弁 共同でコンサル事業

share

伊藤忠商事と伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は7月1日、デジタルエージェンシーAKQAと合弁会社を設立すると発表した。22年度上半期をめどに設立を目指す。

伊藤忠商事とCTCは合弁会社を通じ、国内企業向けに顧客体験のコンサルティングを提供する。5年間で100案件を目標に掲げる。

AKQAは2001年、英国で設立。12年に広告世界最大手WPPに買収され、同年に日本オフィスを開設した。

AKQAが手がけたナイキのフィットネスサポートアプリ「NIKE Training Club」。1500万ダウンロードを数える

H&M本店の「H&M Looop」もAKQAが携わったプロジェクト。消費者が持ち込んだ古着を新しい服に生まれ変わらせる体験エリア

伊藤忠商事とは20年から業務提携し、国内の小売り企業や、企業向けソフトウエア事業者、コンタクトセンター事業者、EC事業者などを顧客にしてきた。


 

Follow Us