人々はどんな画像を探している? ストックフォトサイト「iStock」、分析ツールを提供開始

share

ストックフォトサイト「iStock」は6月、同サイトで検索されている画像の動向をリアルタイムに把握できるツール「VisualGPS Insights」の提供を開始した。任意のキーワードの検索量の推移を地域別、業種別に確認できる。時系列での変化を見ることも可能で、「iStock」は、「特定の用語に対する関心を調査・分析することで、企業がマーケティング戦略のために活用できる」とする。「iStock」やストックフォトサイト「gettyimages.com」で人気の画像や動画もわかる。「iStock」登録者は無料で利用できる。

「iStock」は、「VisualGPS Insights」を通じて、「データに基づいて業界のトレンドや消費者の関心を踏まえた画像選定が可能になる」とうたう。「iStock」は1億4500万点を超える写真や映像、イラストなどを提供しており、数百万人規模のユーザーを持つという。

(上)「サステナビリティ」(オレンジ)と「テクノロジー」(緑)のそれぞれのキーワードが、「iStock」でどれだけ検索されたかの推移。(下)地域別で検索量の違いを見ることもできる。中国では「テクノロジー」が圧倒的な一方、英国や豪州では「サステナビリティ」が優位

「ビジュアル選択において、人気のあるビジュアルを採用するか、あえて避けるかの判断や、新製品をマーケティングする際にも役立ちます。弊社独自のデータを提供することで、お客さまが業界のトレンドや消費者の関心を踏まえたビジュアルの選択ができるよう支援します」(iStockプロダクトマネジメントシニアディレクターのキャンディス・マークス氏)



お問い合わせ
「iStock」カスタマーサポート
URL:https://www.istockphoto.com/jp/カスタマーサポート

Follow Us