新幹線のぞみ30周年の「青柳ういろう」がグランプリ、愛知の広告賞発表

share

愛知広告協会は7月13日から18日までの期間、主催する広告賞「AICHI AD AWARDS(AAA)2022」の作品展を名古屋市内で開催した。本広告賞は、愛知県の広告クリエイターのレベルアップや、育成を目的に実施されている。今年は全344点の作品の中から、グランプリに青柳総本家「乗ろう!ういろう!おめでとう!新幹線のぞみ30周年」(ピースグラフィックス)が選出された。

本年度のグランプリ受賞作品。JR東海道新幹線「のぞみ」が開業して30年を記念して制作された、青柳総本家の伝統的なういろう。売り場でういろうの存在感が弱まっていることを受け、少しでも注目してもらう工夫を凝らした広告作品になっている。

6月に行われた審査には、審査員長の中島信也氏のほか、秋山具義氏や川村真司氏らが参加した。

審査基準は主に、「豊かな発想とアイデアにオリジナリティがあるか」「新鮮な感覚に満ちた表現がされているか」「訴求ポイントが明確で広告として説得力があるか」「確かな信頼性、話題性があるか」の4つ。

中島氏は審査後の講評で「広告表現はその時代のコミュニケーションのあり方をクリエイターたちが繊細に察知して構築されます。AAA2022での受賞作品もそんなクリエイターたちの想像力が良い形で反映されていました。そういう意味でとても良い審査ができたのではないかと思います」とコメントしている。

また、審査員を務めた小西利行氏は、グランプリ作品を「“幸せそうな強さ”をもった作品」と評価。森本千絵氏は「 伸びやかで瞬発力のある広告展開でした。今年は商品の特徴や性格をよく理解し、まっすぐに向き合っていたものが目立ったように思えます」と総括した。

各部門受賞作品は以下の通り。

CM部門
・サカイホールディングス「『なにやってるんだ』篇・『アレ』篇」(三晃社)
・ACジャパン「プラ島太郎」(新東通信)
・エフエム群馬「『おてがみ』シリーズ」(電通中部支社)

GRAPHIC部門
・青柳総本家「乗ろう!ういろう!おめでとう!新幹線のぞみ30周年」(ピースグラフィックス)
・drawrope「MOTHER & FATHER」(ドロロープ)
・飛騨牛養老ミート販売「仕事の質が、肉質に出る。」(ピースグラフィックス+スタジオディテイルズ)

DIGITAL部門
・おやつカンパニー「#思い出チキン味 シリーズ」(電通中部支社)
・飛騨牛養老ミート販売「養老ミート コーポレートサイト リニューアル」(ピースグラフィックス+スタジオディテイルズ)
・中部テレコミュニケーション「Tanoshimo! 絶滅危惧種動画&おもしろ生態動画」(新東通信)

DESIGN部門
・青柳総本家「新幹線のぞみ ういろう」(ピースグラフィックス)
・辻喜「辻喜・辻喜の白みそ漬け」(catamari)
・長屋印刷「スマイル名刺」(長屋印刷)

PROMOTION/OOH部門
・飛騨牛養老ミート販売「養老ミート 牛一頭買い企画」(ピースグラフィックス+スタジオディテイルズ)
・伝統デザイン工房「醤3(ショウスリー)」(博報堂)
・中京テレビ放送「BREAST CANCER CHECK!」(電通中部支社)

しんや(中島信也)賞
長屋印刷「スマイル名刺」(長屋印刷)
グギ(秋山具義)賞
伝統デザイン工房「醤3(ショウスリー)」(博報堂)
川村(川村真司)賞
ナカハマデンタル「ナカハマデンタルブランディング」(レンズアソシエイツ)
小西利行賞
奈良新聞「新築祝い」(ADKクリエイティブ・ワン)
谷口(谷口佐智子)賞
辻喜「辻喜・辻喜の白みそ漬け」(catamari)
福里(福里真一)賞
エフエム群馬「『おてがみ』シリーズ」(電通中部支社)
ごえん(森本千絵)賞
飛騨牛養老ミート販売「養老ミート コーポレートサイト リニューアル」(ピースグラフィックス+スタジオディテイルズ)


Follow Us