日本ガイシが全4話のWebドラマを順次公開、「クロコくん」との出会い描く

share

日本ガイシは7月19日、若年層に向けたWebドラマ「いい未来が、見えてきた。」の第1話「謎の会社」篇を公開した。テレビCMでもダイジェスト版を放映しており、全4話で8月以降、続編が公開される。

祷キララ演じる主人公の高校生・濱口アキは、ある日突然、謎の小さな生き物「クロコくん」が見えるようになる。そしてふとしたきっかけから、父親が働く「NGK 日本ガイシ」に興味を持つように。

第1話「謎の会社」篇。「いい未来が、見えてきた。(Web限定版)」。

第2話以降では萩原護演じる転校生「ワタル」も登場し、「クロコくん」や「NGK 日本ガイシ」の謎に迫っていく中で、主人公の気持ちに変化が生まれていく。

「クロコくん」は2016年に誕生した日本ガイシのキャラクター。その前身となる「黒衣くん」は1999年に生まれた。「キャラクターや社名はなんとなく知っていても、よくわからない謎の会社」というイメージが強いことから、今回のWebドラマでは「共感」を軸に制作を依頼した。

「制作側には視聴者が自分ごと化しやすいベネフィットにフォーカスし共感してもらえるような表現を、と伝えました。創立100周年の2019年から3年間訴求してきたSDGsの文脈を、当社グループの中長期ビジョン『カーボンニュートラルとデジタル社会への貢献』に発展させています。全4話で『いい未来』に役立つ会社というイメージが醸成されることを期待しています」(日本ガイシ コーポレートコミュニケーション部 主任 岸川桂氏)。

それを受けて企画を担ったのはオリコム。同社のクリエイティブディレクター/プランナー 坂中慎之介氏は、その意図をこう説明する。

「『カーボンニュートラル』や『デジタル社会』を語ろうとすると、どうしても壮大になり、他人事ととらえられてしまいがち。だから高校生2人が突然『クロコ』が見えるようになってしまうという、パーソナルな物語にしようと考えました。映像は山岸(聖太)監督はじめスタッフの皆さんが丁寧に描いてくれました。チャーミングなクロコくんにも注目です」。

7月19日からテレビCMとして放映しているダイジェスト版。

今後は8月16日に第2話「あれからずっといる」篇を、9月13日に第3話「ノーフューチャー?」篇を、10月中旬に最終話「いい未来が見えてきた」篇を公開予定だ。

スタッフリスト

企画制作
オリコム+AOI Pro.
CD+企画
坂中慎之介
AD
後藤大樹
Pr
渋谷勇次、三須大輔
PM
荒井拓己、松本有加
演出
山岸聖太
助監督
荒木孝眞
撮影
山田弘樹
照明
穂刈慶人
美術
根岸美由紀
CG(クロコくん)
土井昭人、飯嶋俊明
CG(アキーム)
HiRo、手塚翔
編集
金子恭平(オフライン)、金野淳也(オンライン)
カラリスト
足立悠介
音楽
葛谷圭介
SE+MA+MIX
井口勇
ST
赤石侑香
HM
SHIHO
CRD
市山潤、稲田恭兵(現地)
CAS
前田莉奈
AE
横田優一、岩上篤史
出演
祷キララ、萩原護、川瀬陽太

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター


Follow Us