角川文庫 会話もできる「メタバース書店」を夏のフェアで開催

share

KADOKAWAは8月8日から、全国の書店で開催中の夏のフェア「カドブン夏フェア2022」を仮想空間でも体験できるメタバース書店を開始した。

「カドブン夏フェア2022」は11月に公開予定の新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』とコラボ。映画の物語に出てくる未知の世界につながる「扉」と、見たことも経験したことのもない物語の世界に連れて行ってくれる“本”という「扉」をかけ合わせ、「新しい扉が、ここにあるよ。」のキャッチフレーズで展開している。

メタバース書店へのアクセスは、書店に設置された‟角川文庫扉”を開き、そこに印字されているQRコードをスマートフォンで読み込むと「角川文庫メタバース書店アプリ」がダウンロードできる仕組みだ。

「扉」をキーワードに『すずめの戸締まり』とコラボ。

書店店頭に設置されている‟角川文庫扉”。

スマートフォン専用アプリで仮想空間に再現した未来の書店「メタバース書店」にアクセスすると、メタバース書店を歩きながら、レビューを見たり、試し読みができる。メタバース書店へアクセスしている他のユーザーと会話を楽しむことも可能で、新たな本選びの楽しさを体験できる。9月下旬からはテーマを変えて展開も予定している。

角川文庫メタバース書店。


Follow Us