次世代ECサービスの大賞にアートのサブスクリプションサービスが輝く

share

日本通信販売協会は9月6日、EC分野において消費者ニーズに対応した先進的でユニークなサービスを表彰するイベント「Next-generation Commerce Award 2022」の大賞を発表した。

大賞に輝いたのはCasieの「絵画を月額でレンタルできるアートのサブスクリプションサービス」。選考理由として、自宅で絵画を楽しむという敷居が高かったニーズに対し、手軽に月額で借りられる仕組みを作り、新しい所有のあり方を提案している点などが挙げられた。

作家と消費者をつなぐことにより、作家の生活支援にもつなげている点も表彰の理由に。

また特別賞にはワイ・インターナショナルのスポーツ自転車専門店各店舗の情報がまとまったポータルサイト「ワイズロードPORTAL」が選ばれた。店舗ごとにサイトを与えて自由に運営させ、その情報を一括にまとめている点や、スタッフが書いた記事からECサイトに飛べるなど、ECサイトと店舗の垣根がなく、オンラインとオフラインの融合を実現している点が評価された。

特別賞に選ばれた「ワイズロードPORTAL」。

「Next-generation Commerce Award」はEC通販・デジタルコマースをリードする企業の新しい取り組みを紹介し、通販業界のこれからの姿を探求する目的で開催。今年で4回目を迎える。過去には「まだ見ぬパンを探せる、パン専門のお取り寄せサイト」の「rebake」やFABRIC TOKYOのビジネスウェアのカスタムオーダーサービスなどが受賞している。


Follow Us