思い出と花言葉からAIで短歌を生成・共有するサイト「花と歌」公開

share

国産花き需要拡大推進協議会は9月1日、感謝を伝えたい相手との思い出や花言葉をもとに短歌が生成されるサイト「花と歌」を公開した。9月19日の「敬老の日」をきっかけに、 若年層に祖父母への感謝や尊敬の気持ちを短歌で届けてもらおうという企画だ。

「花と歌」メインビジュアル。

特設サイトでは、相手への「思い」を起点にした花選びと短歌づくりを提案。出来上がった短歌と花はLINEなどで相手に贈ることができ、近隣の花店を探すマップ機能も搭載している。公開期間は9月30⽇まで。

送りたい相手、思い出に残っていること、相手にぴったりな花を選ぶことで、その思い出と花言葉から短歌が自動で生成される。

今回の企画を手がけたDentsu Lab Tokyo コピーライター/プランナーの川島梨紗子氏は「思い出と結びついた短歌をつくるには、どんな質問や選択肢があったらいいだろう?と考えながらつくりました。入力するキーワードだけでなく、選ぶ花の種類によっても短歌が変化するので、短歌AIとの共同制作を何度も楽しんでいただけたら嬉しいです」とコメントしている。

全国160の高校に告知ツールとしてポストカードを配布し、サイトの利用を促す。また、9月18日には渋谷PARCOで、学生向けのイベントを開催。短歌をつくり花を生ける場を提供する。

「五七五七七をAIが紡ぐという技術を知った時、『花と歌』という古来の美しい文化を現代人も体感する機会になりそう!とわくわくしました。敬老の日は世代を超えてコミュニケーションできる良い機会。日頃は口にできない感謝の気持ちを『花と歌』に託して、今の若者たちが花を贈るひとつのきっかけになれば」(花の国日本協議会の小川典子氏)。
 

スタッフリスト

企画制作
電通+Dentsu Lab Tokyo+Dentsu Craft Tokyo+朝日新聞社メディア研究開発センター
CD
保持壮太郎
企画+C
川島梨紗子
AD
上西祐理
Pr
藤岡将史、羽角和弘
プロジェクトマネージャー
鈴木創太
Webディレクター
中尾仁士
TD
米田英史
TD+リサーチエンジニア
浦川通
エンジニア
田辺雄樹、日南昌吾
リサーチエンジニア
田口雄哉、新妻巧朗
技術監修
田森秀明
歌人
岡野大嗣
花選定・花言葉監修
小川典子
PRプランナー
根本陽平、辰野アンナ
AE
藤田宗弘

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター


Follow Us