「いっつも別府ばっかり」大分県佐伯市が観光格差に嫉妬するキャンペーン

share

大分県佐伯市は9月から、別府市からの観光客流入を目指す「別府から佐伯いこうキャンペーン」を開始した。豊富に収穫される海産物の魅力を全国に発信するため、プロモーション施策を複数展開している。

佐伯市は人口6万4600人(2022年推計)で大分県の南東に位置する。観光客が集中する別府への複雑な思いを告白した新聞広告や、地魚を使った寿司の魅力を伝えるコンテンツ「寿司ネタリウム」を公開した。

新聞広告では、「いっつも別府ばっかりなんだから。」というフレーズともに、佐伯市の寿司職人たちが並んだビジュアルを公開。別府への嫉妬心をチャーミングに訴えながら、佐伯市への観光増加を願う内容となっている。

8月26日に大分合同新聞に、同月27日に西日本新聞に掲載された新聞広告。

9月22日からは、佐伯市で豊富に収穫される海産物をアピールするため、星を寿司に見立てた“寿司座流星群”などを鑑賞できる「寿司ネタリウム」を公開。

プラネタリウムでは、大分県内一の漁獲量を誇る佐伯市をPR。ガリのオーロラなどを鑑賞でき、佐伯市の海産物を味わいたくなる作りとなっている。

同コンテンツは、別府市内の対象宿泊施設と大分空港で11月30日まで鑑賞することができる。告知では、同市の公式YouTubeチャンネルにティザームービーを公開し、「構想1時間」「開発2日間」「総制作費3万円」と、“正直すぎる開発秘話”を明らかにした。

3つのティザーを公開し、寿司ネタリウムをPRした佐伯市。

スタッフリスト

企画制作
九州博報堂+BIGSTONE
CD+ C
岡本和久
C
小川温輝
AD
音丸雄
D
松元博孝
Pr
大石政治
PM
籠田剛人
撮影
知識たかし
編集
渡辺洋平
MIX
岩下拓磨
AE
原崇紀、東田晋伍
掲載
大分合同(8/26)、西日本(8/27)

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター


Follow Us