メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

クリエイターとゴミの定義を考える「かちのかたちたち展」12月5日から

share

東京ミッドタウン・デザインハブ(東京・港)で12月5日から、多摩美術大学による第100回企画展「かちのかたちたち展―捨てる手前と後のこと」が開催される。暮らしの中で発生する「ゴミ」の定義について、クリエイターや学生の作品を通じてともに考える機会を提供する取り組みだ。会期は12月25日まで。入場無料。

主な展示内容は、回収された圧縮資源の現物を展示する「価値(資源)の塊」、襤褸(ぼろ) や民具といった民俗学的な視点からサーキュラーを考える「私たちの暮らしの中のサーキュラー」、クリエイターたちが「ゴミとゴミになる前の境界を感じるもの」を提示する「かちのかたちたち」など。サーキュラーに関する世界や日本企業の先行事例、多摩美術大学の研究成果なども併せて披露される。

展示イメージなど。

監修は永井一史氏、企画構成は前村達也氏、グラフィックデザインは木住野彰悟氏、会場構成は吉田あさぎ氏がそれぞれ手がける。また会期中はトークイベントなども開催予定だ。


Follow Us