メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

岸谷五朗と堺雅人がサムライマックCMで初共演、大人の背中を押すメッセージに共感の声集まる

share

2022年8月に累計1億食を突破した日本マクドナルドの人気商品「サムライマック」。本商品をモチーフにした日本マクドナルドのブランドCM「選んだ道」篇が、12月20日に公開された。

CMは、大通りから外れ、小道へ入っていく元上司役の岸谷吾郎さんの背中と、昼飯の買い出しに連れ出された堺雅人さんの戸惑いの表情から始まる。午後からの重要な会議の準備を終えた大会議室の隅で、ハンバーガーを食べる2人。「スーツで会うのも最後か」。2人で食べる最後のランチだ。「会社には残らないんですね」と問いかける堺さんに、会社を辞めて、東京を離れることを告げる岸谷さん。そこに小道を先に行く先輩に「良いんですか、こっちで」と質問する堺さんと、軽やかな微笑みを返す先輩の回想が重なる…。

サムライマック「選んだ道」篇

岸谷五朗と堺雅人。2人の演技派俳優が初共演を果たすこととなった本CMでは、「この道を選べば正解なんてないし、選んだ道を正解にしていくしかないよ。自分でさ」という岸谷さんのセリフが、SNSを中心に話題を集めている。

「発売以来、今を生きる大人の背中を押すメッセージを届けてきたサムライマック。今回は、その中でも『ミッドライフクライシス』という、中年期、人生の折り返し地点にさしかかり、これまでの人生に、自信がもてなくなった大人たちに向けてメッセージをつくりました」と、企画を手がけた大石タケシ氏。

本CMでは、このメッセージをドラマの中で、どう印象的に残していくかに注力。箱田優子監督と話し合いを重ね、ユーモアがあり、説教くさくなく、自然に伝えられる上司役として、岸谷五朗さんに出演を依頼したという。

「岸谷さんと堺さん、2人の名役者の、声や表情、仕草など、リアリティのある演技で、心に届くメッセージに昇華できた気がします」(大石氏)。

放映後、SNSでは岸谷さんの前述のセリフと2人の演技に、「グッと来た」「思わず泣きそうになった」「すごく心に響いた」「勇気をもらった」という声が寄せられている。
 

スタッフリスト

企画制作
電通+ビーコンコミュニケーションズ+太陽企画
CD
篠原誠
企画+C
大石タケシ
AD
古川朋亮
CPR
宮崎剛
PR
藤江一成、草柳正太、蝦名優里耶
演出
箱田優子
撮影
月永雄太
音楽制作
ongakushitsu
音楽制作PR
福島節、原田瞳
AE
京極純平、高崎祥子
PM
吉村佑馬、笹原麗香
照明
尾下英治
美術
安藤真人
ST
高橋毅(堺雅人)、高橋毅(岸谷五朗)
HM
稲垣亮弐(堺雅人)、菅野綾香(岸谷五朗)
CAS
元川益暢、小此木茉里
ポストプロダクション
メガネフィルム、イマジカ
編集
二宮卓(オフライン)、 髙木陽平(オンライン)
MIX
倉田昌治
SE
磯村享平
作詞・作曲
福島節
ロケCO
市川清治
フードスタイリスト
左近充英子

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター


Follow Us