メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

異物検出技術を表現、Mattの大群に父・桑田真澄が紛れ込むイシダのCM

share

食品向けの計量機器などを製造・販売するイシダ(京都市)は12月28日から、桑田真澄とMattの親子を起用した新テレビCM「Mattの中にひとりだけKUWATA」篇を公開した。同社が持つ異物検出技術をアピールするため、親子である2人を起用した。

「Mattの中にひとりだけKUWATA」篇。

CMは大勢のMattがX線検査装置の中を流れ、検査を潜り抜けているところから始まる。その中にMatt風メイクをした父・桑田が紛れ込んでいる、という内容。「Mattの中にひとりだけKUWATA」というコピーとともに、紛れたはずが最新技術で検出されてしまう桑田さんの姿から同社の持つ技術力をアピールする。

「似て非なるものの違いを見分ける」というイシダの計量装置の強みを表現するため、通常版に加え、10本に1本の確率で観ることができるスペシャルCMも用意。スペシャルCMでは、桑田さんがボールを持った姿が一部カットに紛れ込んでいる。

左は通常版、右はスペシャルバージョン。

本CMの企画を手がけた電通のクリエーティブプランナー 東田崇氏によると、イシダの技術のひとつである「異物検出技術」を軸にしながら、若年層とその親世代、社員、取引先などすべてのステークホルダーに好感を持ってもらえる企画とキャスティングにしたという。

「CMのオンエアの際にも“異物検出”という考え方を持ち込み、たくさんオンエアされる通常CMの中に、1カットだけ違う『異物的CM』もオンエアし、見つけたい・観たい気持ちを醸成させることが狙いです。Twitter、TikTokでもメディア特性を鑑みた施策を実施します。ホームページに掲載されている親子のインタビューでは、桑田さんがMattさんに寄り添う温かい親子関係を見ることができるので、ぜひ見ていただけたら」(東田氏)。

父・桑田にMatt風メイクを施すMatt。

スタッフリスト

企画制作
電通+アド電通大阪+ハット
CD
奥田英輝
企画+C+STPL
東田崇
企画
小堀友樹
STPL
岸本航、藤田有琳
Pr
佐久間貴光、長谷川雄史
PM
田中彩
演出
下地隆司
撮影
川端健一
照明
小熊清介
美術
古川秋人
CG
嶋原芳樹
音楽
一宮伸聡
ST
福田春美
HM
吉岡未江子
PRプランナー
岩本彩貴、澤本幸輝、小野慶佑
CAS
江島勝、田村勇樹
AE
細井孝則、松村亮佑
NA
もとむらみちこ
出演
桑田真澄、Matt

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/STPL:ストラテジックプランナー/D:デザイナー/I:イラストレーター/CPr:クリエイティブプロデューサー/Pr:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/PGR:プログラマー/FE:フロントエンドエンジニア/SE:音響効果/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター


Follow Us