メール受信設定のご確認をお願いいたします。

AdverTimes.からのメールを受信できていない場合は、
下記から受信設定の確認方法をご覧いただけます。

×

2022年TCCグランプリ受賞、Dentsu Lab Tokyo田中直基氏の新講座「クリエイティブラボ」 2023年3月24日(金)開講

share

 
この度、宣伝会議では2022年のTCCグランプリを受賞、また、言葉、デザイン、テクノロジーなどメディアを問わず、課題解決に取り組んでいる田中直基氏が講師を務める新講座「田中直基 クリエイティブラボ」を開催いたします。サブタイトルとして「どんな課題も柔軟に楽しく解決するネクスト・クリエイティブ・ディレクター養成講座」としています。

何かのスペシャリストになることを否定しているわけではありませんが、アウトプットの形やメディアの枠組みにとらわれることなく課題に応じて、柔軟な思考で打ち手を繰り出していくための考え方と方法論を講義+実践的な課題演習を通じて学んでいく新講座です。先着20名限定、教室開催で、密度の高い講義を行います。

 

田中直基氏からのメッセージ

今、広告クリエイティブの世界は、大きな変化の真っ只中にあると思います。
半世紀続いた「新聞、TVという枠の中で最上の伝え方をつくる」という時代から、「枠というルールから解放され、最上の伝え方を“新たに”つくる」時代へと変化しています。戦場が変われば当然戦い方も変わりますし、選択肢が広がれば考えることは増えるわけで。なんだか大変で難しくなったように感じます。

でも、僕は、企画をする人間にとってその本質は変わらないと思っています。言葉や映像を作るときの視点の見つけ方、企画の見つけ方はそのままでいい。当たり前ですけど、言葉とアイディエーション、ストーリーテリングは超必須スキルです。そのスキルに新たな道具や新たなメディアを掛け算していくんです。むしろ面白い時代です。

僕のクリエイティブとしてのキャリアは、いわゆる花道ではありませんでした。
初期配属は営業。4年間の営業勤務の後、コピーライター、CMプランナーの名刺を持ちましたが、地上波や新聞15段のようなキラキラした枠ではなく、ひたすらバナーを作ったり、説明動画を作ったり、小枠のコピーを考えたり。逆にそんな環境だったからこそ、枠にこだわることなく、新しい表現を作っていきました。WEBやSNSという舞台で自分でコンテンツを作るようになり、テレビ番組やインスタレーション、昨年はオリパラの会場演出やパラリンピック開会式の企画演出などを行いました。一方、TVや新聞でももちろん新しい表現にトライしています。枠や型がないから、どんな課題でも対応できる。課題に合わせて、いろんな手業を繰り出すことができるニュートラルクリエイティブです。

課題や外的要因が劇的に変化したり、そもそも明確なブリーフィンングがない、これからのクリエイティブ人には、そんなやり方が必要のような気がします。

今まで、あまり自分のやってきたことを体系化したり、誰かに伝授したりなどはしたことがありませんでしたが、今回宣伝会議さんからこのような機会をいただき、また自分自身もかつて宣伝会議に通い、そこでたくさんの仲間や師を見つけたことが今の自分に生きているので、恩返しも兼ねて、やってみようと思いました。目指したいのは、大学のゼミや研究室のような場所です。一緒に新しいクリエイティブの方法論を探求する場所。また、一つの正解を一方的に教えるのではなく、考え話し合い、議論しながら正解を見つけていくような場所。あと、受講者同士で仕事が生まれたり、人間関係が続くような場所。なるべく「生」な講座にしたいです。オンラインより対面がいいですね。解像度が違うので。僕にとってはこのラボ自体も手探りで実験です。温かい目でおつき合いください。どうぞ、よろしくお願いします。

2023年の初めに。 田中直基

開催概要

開講日
2023年3月24日(金)19:00〜21:00
以降、原則隔週金曜。全10回。

実施形式
教室開催

受講対象
コピーライター、プランナー、デザイナー、ディレクターなど若手クリエイター全般に特にお勧めですがクリエイティブの実務経験や広告関連業界に勤めているかどうかは問いません。これからの時代の新しいクリエイターとしての発想法と企画法を学びたい方すべて大歓迎です。

例えば、こんな悩みを感じたことがある方にもおすすめです。
“枠にとらわれず、新しい広告をつくりたい”
“デジタルやテクノロジーに興味はあるが、どう始めていいか分からない”
“コピーやCMが好きだけど、新しい作り方に挑戦してみたい”

登壇者

田中 直基氏
Dentsu Lab Tokyo/Dentsu Zero
クリエイティブ・ディレクター/コピーライター

1979年生まれ。上智大学大学院理工学研究科卒業後、4年の営業局勤務を経て、クリエイティブ局へ。クリエイティブディレクター、コピーライターとして、言葉、映像、デザイン、テクノロジーなど、課題に適した手段でニュートラルに企画し、世の中や企業のさまざまな課題を解決している。主な仕事に、TOKYO2020パラリンピック開会式”PARAde of ATHLETES”、AI監視社会から逃れるカモフラージュ「UNLABELED」、「マツコロイド」、Eテレ「デザインあ」、サントリー「話そう。」、「人生には、飲食店がいる。」、パートナーエージェント「ドロンジョとブラックジャック」、YouTube「好きなことで、生きていく。」など。主な受賞歴に、TCC賞グランプリ、ADC賞、ACC賞、Cannes Lions、D&AD、LIA、NY ADC、ADFEST、文化庁メディア芸術祭審査員特別作品賞、グッドデザイン賞など。

主催
株式会社宣伝会議

お問い合わせ先
宣伝会議 教育講座事務局
TEL:03-3475-3010
https://www.sendenkaigi.com/inquiry/

Follow Us