コラム

考え方から考える! 多々良タツキの企画脳解剖

avatar

多々良タツキ(電通 プランナー / コピーライター)

1989年浜松生まれ。慶應義塾大学理工学大学院ではAR技術を研究したのち、2014年電通入社。広告、コンテンツ、スペースデザイン、テクノロジーなど全領域でのプランニングを得意とする。最近の仕事に、Netflixアニメブランディング「明日のアニメも楽しみだ」、集英社ジャンプ+「ここには熱がある」など。ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS/CRESTA Award/Cannes FutureLion2013/経産省Innovative Technologies/朝日広告賞/読者が選ぶ新聞広告賞など受賞多数。


このコラムについて

「企画を立てる」という行為は、ビジネスの現場はもちろん、家族や友人たちとのコミュニケーションにおいても、誰もがしばしば取り組むことである。しかし、ふと振り返ってみると、そもそも「企画を立てる」ってどういうことをやればいいのか、何をもって「企画」といえばいいのか、学校などで教わる機会は何もなく、手探りのまま考えて、なんとなくやっている人も少なくないのではないだろうか———。このコラムでは、著者がさまざまな人たちにインタビューし、そこから簡単な企画法を抽出するのみならず、「思考過程」そのもの図解、可視化する。これまでとは違う方法で企画にアプローチする、”明日から使える企画術”です。