コラム

世界のクリエーティブ

「広告制作に新しいプロセスを」

share

明けましておめでとうございます。
新しい年の始まりということで、海の向こうから見た今年の世界の広告界の展望を勝手に書かせていただきます。

僕は新しいエージェンシーに移ったり、新しいプロジェクトにかかわったりするたびに、新しい手法やプロセスを試すことを意識するようにしています。ワイデン+ケネディ ニューヨークに移った今は、個人プロジェクトでうまくいっているプロセスと広告制作をどう融合できるかといったことを強く考え実践しています。

こうした「広告制作にも新しいプロセスが必要だ」という想いは僕だけでなく、ここ数年世界中で高まっているように感じています。それに応えるように、徐々に新しいプロセスを取り入れたエージェンシーが現れ実験をし始めているし、もっと増えていくと思う。

Victors&Spoils,Co:Collective,Google Creative Labs――

どれもチャレンジは素晴らしいけれど、どこも僕からみたらまだ新しい表現を生むための最善のプロセスや組織の形をみつけられているとは思えない。偉そうに聞こえますが、日本と海外でいくつものエージェンシーやアーティストと仕事をしていく中で、僕なりにそれがどんなプロセスであるべきかが少しずつ見えてきた気がしています。今年はそれをできればちょっとずつでもいいからもっと実現していきたい。

ガンジーが残した言葉に「Be the change you want to see in the world.(何かを変えたければ、まず自分が変わること)」というのがありますが、願わくは、僕も自分が見たい変化の一翼を自ら担えるような活動をしていきたいと思っています。海の向こうにおりますが、今年もよろしくお願い致します。

川村真司「世界のクリエーティブ」バックナンバー

Follow Us