もう“アヒル口”では男心をつかめない!?
ロート製薬 キスしたくなるくちびるコンテスト

share

昨年の好評を受けて今年も開催
1800の自慢のくちびるが勢ぞろい

「I want Chu」特設サイト。ファイナリストのくちびる一つひとつを拡大して閲覧することができる。マウスポインタをくちびる上でドラッグすると、くちびるがぷるぷる動くという仕掛けつき。

ロート製薬は、「メンソレータムリップクリーム」の販売促進を目的としたキャンペーン「キスしたくなるくちびるコンテスト2011『I want Chu』」を開催している。

一般公募して集まったくちびるの写真の中から、一般ユーザーの投票により「キスしたくなる」くちびるを1点選ぶというもの。昨年も同様のコンテストを実施したところ好評だったため、今年も引き続いての開催となった。
キスしたくなる=魅力的なくちびるをつくる商品として、「メンソレータムリップクリーム」のブランディングを図ることが目的。

2月22日~4月10日の期間、コンテストへのエントリーを募集、昨年の応募総数約1200点を大きく上回る約1800点の応募があった。日本在住のフランス人やアメリカ人、また海外に住む日本人からも応募があり、国境や国籍を越えて全世界から自慢のくちびるが集まった。

このうち、コンテスト事務局メンバーが務める「くちびる審査員」による一次審査を通過した50点が、ファイナリストとしてコンテスト特設サイト内で公開されている。現在受付中の一般投票の結果により、グランプリ1人が選ばれる。

今年は新たに、男性部門も設けた。スキンケアやリップケアに気をつかう男性が増えたという背景と、ツイッターやフェイスブックなどを通して届いた多くの女性からの要望を受けて新設したという。

「アヒル口」はもう古い?
いま人気は「ノーマルタイプ」のくちびる

6月23日現在、サイトにはすでに20万人を超える人が訪問している。現時点で約7万票の投票が集まっており、暫定ランキングの上位30位のくちびるも発表されている。

現在、得票数トップのmochikoさんのくちびるは、つい最近までトレンドといわれていた、いわゆる「アヒル口」ではなく、
「ノーマルタイプ」(同社担当者談)のくちびる。このほかも、上位には同じく「ノーマルタイプ」のくちびるが並ぶ。

昨年のグランプリは「アヒル口」のくちびるが受賞していたことから、トレンドの変化がうかがえる。「上位のくちびるを見ると、くちびるの形そのものだけではなく、アングルや、髪の毛も含め “写真”としての完成度が高く、魅力的なものが選ばれていると感じる」と同社担当者は話す。

投票は6月30日に締め切られ、7月1日にグランプリが発表される。グランプリに選ばれたくちびるは、くちびるパーツモデルとして同社広告に登場する予定。

ツイッターなどで、「くちびるの持ち主の顔が見たい!」という声が多く寄せられていることから、後日、女性部門の受賞者を招いた「くちびる広告モデル撮影会」も開催する予定だという。


Follow Us