ユニリーバ・ジャパン、ラジオ番組とmixiを連動させた“ソーシャルラジオ”企画を実施

share

mixi内の特設ページでは、マイミクと机を並べて授業を受けるような感覚でラジオ番組を聴くことができる。

ユニリーバ・ジャパンは8月4日から、男性用化粧品ブランド「AXE(アックス)」のプロモーションの一環で、期間限定でTOKYO FMのラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」とタイアップし、ラジオ番組とソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」のソーシャルグラフを連動させたリスナー参加型の“ソーシャルラジオ”企画を展開する。

「SCHOOL OF LOCK!」の舞台設定は、“ラジオの中に開講する、もうひとつの学校”。今回はこの設定にmixiが連動し、mixi内に新たな“教室”として特設サイトをオープンする。サイトには番組を聴くためのツールとして、IPサイマルラジオ「radiko(ラジコ)」が設置され、番組オンエア時に放送を聞きながらサイトにログインすると、mixi内の友達(マイミク)のプロフィール画像が現れ、架空の教室で席を並べながら放送を聴くことができる。

番組内では、リスナーである若者たちが仲間同士で盛り上がれるような企画を展開。詳しい内容は、8月4日22時から番組内とmixi上で同時発表される。

今回の“ソーシャルラジオ”企画について、TOKYO FMでは「友人同士がインターネット上でつながるSNSと、同時間性を持つラジオがつながることで、SNS内のコミュニケーションに“時間の共有”が生まれる。さらにラジオはマスメディアでありながらリスナーとの距離が近い特徴を持つため、SNS内での“深い共有”へと発展する」としている。


Follow Us