コラム

社内ベンチャー奮闘記 ~新しい広告ビジネスを目指して

あした、何しよう? を 笑って語れる世の中に

share

文:小林パウロ篤史


東日本大震災のあった3.11。
あの日から半年が過ぎました。

あの日、あの時間。
パウロと糸永はいつものように、MediaJUMPオフィス(14階)で作業をしていました。
そこで起きたあの地震。
今まで経験したコトの無い強い揺れの中、頭に浮かんだのは、

「まだ、死ねない」 という一言でした。

目の前のオフィスが木の葉のように、わっさわっさ揺れて、つまり、自分達もわっさわっさ揺れてるんじゃないか、と思った時も。
その頃、まだオフィスで地上波が見られなかったため、情報源はラジオとPCしかなくて、次々と恐ろしい情報や光景が発生している時も。

恐怖心は、糸永と一緒にいる事で感じる事はなかったものの、「まだ、死ねない」とばかり思ってました。もっと言うと、「キタコレ!を世に出すまでは、まだ、死ねない」と思ってました。

「キタコレ!」には自分で付けたコピーがあります。
「あした、何しよう? を あした、こうしよう!に」です。でも、あの地震を経て、キタコレ!というよりも、パウロと糸永、つまり、「MediaJUMP」には、それとは違う、「使命」があると確信しました。

それは。
「あした、何しよう? を 笑って語れる世の中に」です。

そういう世の中を創って行く義務があるんだ、と思いました。
生き残ったからこそ。「あした」があるからこそ。

多くのひとに、意味のある「あした」を提供していきたいと思います。
キタコレ!はそのコアであるが、あくまでも「一つの答え」であり、全てではない。
ひとりひとりの「あした」が違うように。

震災から半年。
この気持ちを忘れぬために、本コラムを書きました。

「あした、何しよう? を 笑って語れる世の中に」

社内ベンチャー奮闘記 ~新しい広告ビジネスを目指して バックナンバー

もっと読む

Follow Us