コラム

若手起業家、世界一周へ

塗り替えられていく世界のSNS勢力図

share

現在、約4カ月間のヨーロッパ巡りを終えて、中東の入口の国、トルコに来ています。
トルコの前には旧ソ連圏のウクライナに滞在をして、チェルノブイリ区域などに足を運びました。

ウクライナの首都キエフに1週間ほど滞在をしていたのですが、旧ソ連圏のウクライナで使われているSNSはロシア最大のSNSであるV Kontakteが一般的です。日本で言うミクシィのような存在であり、国民の多くが利用しているとのことです。

しかしながら、ここ最近はフェイスブックを使う人も増えてきているそうです。
(ちなみにウクライナ人の多くはウクライナ語とロシア語を話せます)

ウクライナ人になぜフェイスブックが普及し始めているのかと聞いたところ、その理由は「V Kontakteは旧ソ連圏の人しか利用していないけれど、フェイスブックはもっとインターナショナルだから」とのことでした。ウクライナは他の欧州国から多くの旅行者も訪れる場所なのが影響しているのかもしれません。

そういえばブラジルにいた時にも、ブラジルではOrkutというSNSが強いシェアを持っていたようですが、フェイスブックが急速に伸びているようです。このままいくと、数年以内にフェイスブックがトップシェアSNSになるだろうとブラジル人が言っていました。

なぜ、フェイスブックに乗り換えたのかと尋ねたところ、「フェイスブックのほうがOrkutより使い勝手が良い」との回答でした。ブラジルの場合は、SNSはインターナショナルに使うよりも、ドメスティックに国内で利用しているようなイメージがあります(ですが、僕の知り合いのブラジル人数名に尋ねただけなので、実際のところはわかりません……)。

こちらのリンクから世界各国のフェイスブックユーザー数や、伸び率などを確認することができるのですが、ブラジルのフェイスブックユーザー数は急速に伸びているようです。この1カ月間で200万人以上の会員数を伸ばしているようです。

逆に既にフェイスブックがかなり浸透しているイギリスでは何故かユーザー数減少が始まっているようです(要因が非常に気になりますね…)。

国によって要因は異なるにせよ、フェイスブックが世界的にユーザー数を伸ばしていることは明らかであり、世界共通のプラットフォームとしての道を歩んでいるようです。

なお、ツイッターですが、日本並にツイッターを使っている国はなかなか無い印象です。いろんな国で「どうしてツイッターやらないの?」と尋ねると、「フェイスブックがあるから、それで十分だよ」と言われることが多かったです。

近頃、フェイスブックがツイッターに近い要素を組み入れたようです。
これから世界のSNSやツイッターがどんな道を歩んでいくのか、非常に楽しみです。

太田英基「若手起業家、世界一周へ」バックナンバー

もっと読む

Follow Us