人気ソーシャルゲーム「海賊王国コロンブス」が国民的アーティスト福山雅治と強力タッグ

share

~11月6日よりシリーズ第1弾テレビCM放送開始~

第1弾CMのワンシーン
ティザーCM
交通広告デザイン
福山雅治氏
 ※クリックすると拡大画像が表示されます

グリーは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」において、自社で開発・運営する人気ソーシャルゲーム「海賊王国コロンブス」のテレビCMに、ミュージシャン、俳優など幅広く活躍する国民的アーティストの福山雅治を起用し、そのシリーズ第1弾を、2011年11月6日より全国一斉オンエアします。なお、福山雅治がゲーム業界のテレビCMに登場するのは初めてとなります。

数々のドラマや楽曲で、日本国中のファンを魅了し続ける福山雅治と「海賊王国コロンブス」とのタッグを実現したことによって、従来にない斬新なテレビCMを通じ、ゲームのコンセプトである自分だけの夢の海賊王国を作り上げていく魅力を、あらゆる層に向け伝えていきます。今後、福山雅治をイメージキャラクターにした「海賊王国コロンブス」の街頭、交通広告、新聞広告も大規模に展開していきます。

今回のテレビCMに先駆けて話題となったのは、11月4日、5日の2日間限定で放送されたティザーCM(※)です。2009年度、2010年度の2年連続で、男性が「なりたい顔」の1位に選ばれた福山雅治の顔に大胆に落書きをした静止画が「海賊王国コロンブスのテーマ曲をつくるのは誰でしょう」の文言とともに流されたこのCMは、それが一体誰なのかという、視聴者の好奇心をくすぐる内容で話題となり、「海賊王国コロンブス」の面白さ楽しさを印象付けました。

新テレビCMシリーズは、現在第7篇までの撮影が終了しており、その中で、様々なシチュエーションで「海賊王国コロンブス」のテーマ曲作りに燃える福山雅治の姿が、時にコミカルに、時にシリアスに描かれています。1回ごとに違った表情の福山雅治を楽しむことができるこのシリーズでは、1つの楽曲ができあがっていく様子が垣間見られる趣向がふんだんに凝らされています。

グリーでは、今後も魅力的なコンテンツをさらに拡充し、世界中の人々が利用するナンバーワンコミュニティサービスの提供を目指します。

Follow Us