エイブル&パートナーズの新ロゴ・スローガンを 佐藤可士和氏、斉藤賢司氏がディレクション

share

2010年11月1日に、株式会社エイブルと株式会社CHINTAIの共同持株会社として設立した「株式会社エイブルCHINTAIホールディングス」は、今年2月2日に社名を「株式会社エイブル&パートナーズ(英文:ABLE&PARTNERS INC.)」に変更。新ロゴマークとスローガンを策定し、グループ21社が新たなスタートを切った。

経営・ブランドチームが中心となり、新ロゴとスローガンのプロジェクトがスタートしたのは、ホールディングス誕生後。このプロジェクトにはアートディレクター・佐藤可士和氏(SAMURAI)とコピーライター・斉藤賢司氏(ホンシツ)が参加し、数カ月に渡り、経営層から現場の社員までのヒアリングを実施した。そしてそこから導き出されたのが、新コーポレートスローガン「Discover freedom」である。

新スローガンには「もっと自由に。もっと豊かに。一生を通して変わっていく、一人一人のライフスタイルをより豊かなものへとするために賃貸不動産を中心に様々な領域で、新たな発想、新たなサービスをお届ける人生のパートナーでありたい」という願いが込められている。

また新ロゴマークについて、佐藤可士和氏は「エイブルのグリーン。CHINTAIのブルー。その出会いが生みだす、新たなくらしの活気・喜びを表すオレンジ。3色のスクエアが連なるロゴマーク『TRI-SQUARE』は、物理的にも、精神的にも豊かな、これからの生活の場を象徴しています」とコメントしている。

佐藤可士和氏と斉藤賢司氏は、これまでにGLBERIDE、EIGHT MILLIONのCI、VIなどを共に手掛けている。


Follow Us