テレビの向こう側をスマホで操作、ソニー×TBSの特別ライブ番組『MAKE TV』

share

手元のタブレットやスマートフォン、PCなどを用いてテレビやWebサイトの向こう側の現実を操作する。そんな新たなエンタテインメント体験を提供する、ソニーの新しいキャンペーンがスタートした。

新キャンペーン「ものがたりをつくろう」では、2月21日に公式サイトをオープンし、専用アプリ「DOT SWITCH」の配布を開始。「DOT SWITCH」はAndroid専用アプリで、Android対応のスマートフォンやタブレットにこのアプリをダウンロードし、PCやテレビのスクリーンに向かって操作すると、「押す」「連打する」などの簡単な操作で、スクリーンの向こうに映っている様々なモノ(仕掛け)をコントロールできる。


「ものがたりをつくろう」キャンペーン ティザーCM

3月6日の深夜24:55~には、TBSでアプリを利用して操作する特別ライブ番組『MAKE TV』を放映する。同番組に出演するために、アメリカで昨年ブレイクしたポップ・デュオ KARMIN(カーミン)が初来日し、ユーザーと「インタラクティブ・ライブ・ミュージックビデオ」を作り上げる趣向だ。


アプリを使って操作する、スクリーンの向こうの現実(生放送スタジオ)

既に2月28日および3月4日に生放送のための「公式リハーサル」を済ませ、6日の本番を待つばかり。ソーシャル×インタラクティブ×ライブ番組で、視聴者と生放送スタジオ結ぶ。新たな実験からどんな映像が生まれるのだろうか。

企画制作は、PARTY+太陽企画+バスキュール+ライゾマティクス。



Follow Us