体験・体感がこれからのマーケティングを成功させる〜第5回インサイトスコープProjectセミナー

share

ライフスタイルの変化における モノより体験を買う消費者心理

消費経済の成熟化が進み、かつてのようにモノを保有することで満足感を得るという方程式が変わってきた。耐久消費財など必需品の購入は、もはや消費の中心ではなくなり、モノを所有することよりも、モノを使って、どのように楽しく充実した時間を過ごすかを重視する人が増えている。従来のモノ消費に対し、「コト」を消費する流れが加速する中、「体験」を贈るサービスも人気を集めている。

一方、企業が新商品・サービスを開発・販売する場面においても、実際消費者に商品を疑似体験してもらうことで、その効果や価値を実感してもらう場面も増えている。

本セミナーでは、「モノ」より「体験」を求める消費者の心理と、それをサービス、マーケティングに活用し、売り上げにつなげている企業事例をご紹介します。

セミナーの受付は締め切りました。多数のお申し込みありがとうございました。

第5回インサイトスコープProjectセミナー 開催概要

日時 2012年7月26日(木) 開場13:00 開会13:30 閉会16:30予定
会場 ホテルフロラシオン青山(東京都港区南青山4-17-58)
参加費 無料(事前登録制)
定員 200人
主催 インサイトスコープ委員会
協力 クロス・マーケティング、ドゥ・ハウス、宣伝会議
お問い合わせ インサイトスコープ委員会(株式会社宣伝会議内)
電話:03-6418-3331
事務局受付時間:平日10:00~18:00(土日祝祭日は除く)

プログラム

13:30~14:20

第1部 ~激辛カレーを食べて制汗力を実感?!~アックスが提案する「新・汗対策」!

男性にとって、数ある制汗剤はどれも同じように見え、さらには機能性の違いなんてもってのほか。その中でAXEの制汗剤は何が違い、何をフックに彼らにアプローチするべきか。2012年3月、AXEでは制汗機能を証明するために、プロジェクトを発足。誰もが汗をかくシチュエーションとして想起する激辛カレーをフックに、「AXE DRYデオドラントスプレーは激辛カレーを超えるのか?」をテーマに実施した「体感型プロモーション」について、リサーチ結果をもとにお話しいただきます。更には、AXEのコア商品であるフレグランススプレーのキャンペーンにひもづいて行った「男性にとっての香り」に対するインサイト分析についてもご講演いただきます。

【講演者】
ユニリーバ・ジャパン マーケティング
ブランドビルディング ブランドアシスト アックス
山ノ井 千草氏

14:20~14:45

ブランド好感度を上げる要因とは?~調査レポートから見る好感度を上げる要因分析とその波及効果~

【講演者】
クロス・マーケティング
マーケティング&リサーチ本部
倉澤 尚宏氏

14:45~15:00

休憩

15:00~15:50

第2部 贈り物にはモノより思い出を 「体験型ギフト」市場躍進の舞台裏と消費者インサイトとは

【講演者】
ソウエクスペリエンス株式会社 代表取締役社長
西村 琢氏

ソウ・エクスペリエンス社長。1981年東京生まれ。2004年3月に慶應義塾大学経済学部を卒業。在学中の2003年、松下電器産業(現パナソニック)の事業プランコンテストで優勝、出資を受ける権利を得るが、起業の道を選び、2005年にソウ・エクスペリエンス(東京都渋谷区)を設立。体験型ギフトを販売するウェブサイト「ソウ・エクスペリエンスギフト」や、体験レポートを共有できるウェブサイト「エクナビ」などを手掛けている。

15:50~16:15

体験型プロモーション後に寄せられた消費者の声から、次の打ち手につなげるインサイト発掘手法とは

【講演者】
ドゥ ・ ハウス
営業技術グループ グループサブマネジャ
福田 未央 氏

セミナーの受付は締め切りました。多数のお申し込みありがとうございました。

Follow Us