大丸松坂屋、百貨店初のソーシャルギフトサービスを開始

share

okurune

「okurune」トップページ。商品ごとに詳細ページを設け、各商品の特徴を説明している。また、商品写真の近くには「いいね!」ボタンならぬ「okutte!」ボタンが設置されている。いわゆるウィッシュリスト機能で、その情報は友人同士で共有することができる。

大丸松坂屋百貨店は22日、百貨店業界では初となるソーシャルギフトサービス「okurune(おくるね)」の展開を開始した。

サイト上で選んだギフト商品を、相手のフェイスブックIDを利用して贈ることができるもので、既存顧客のみならず、20〜30代男女を中心とする新規顧客の獲得を目指す。

同社は、昨今、中元・歳暮などのフォーマルギフト市場が縮小傾向にある一方で、家族や友人間で贈り合う「お土産」「プチギフト」といったよりカジュアルな「パーソナルギフト」の需要が高まっていることに着目。「特に近年は、フェイスブックをはじめとするSNSの普及によって友人の誕生日や結婚、出産といった情報を簡単に共有することができる。『okurune』の展開を通して、ソーシャル時代における潜在的なギフト需要を喚起し、ギフト市場の拡大を図りたい」(担当者)。

商品ジャンルはファッション、インテリア雑貨、パーティーグッズ、書籍、食品、キッズと幅広く、22日現在、265点がラインナップされている。「よりファッション性・デザイン性を意識した商品や、ユーモアのある商品を取り揃えるよう心掛けている」(担当者)という。SNSを活用し、百貨店の信頼あるギフトサービスをより現代的なサービスとして革新させることで、新しいプレゼントのあり方を提案したい考えだ。

大丸松坂屋百貨店では、百貨店の既存チャネルに依存することなく、新規チャネルを積極的に開拓するべく、取り組みを進めている。「okurune」は、その第一弾として展開するもので、半期売上目標として3500万円を掲げる。



Follow Us