京急線とカプコン人気ゲーム『逆転裁判』がコラボ、 電車に乗って謎を解くミステリーラリー開催

share

京浜急行電鉄とカプコンは共同企画「京急沿線ミステリーラリー ~逆転のホイッスル~」を8月1日から開催する。カプコンで人気の法廷バトルゲーム『逆転裁判』の世界を体感するラリーで、カプコン創業30周年と京急電鉄創立115周年、『逆転裁判5』発売記念として企画されたもの。期間は9月16日まで。

ラリー参加者が主人公となり、京急線沿線で起こった架空の事件を題材に路線を巡る内容。専用切符に付く「ラリー手帳」の指示に従って各駅を巡り、掲示されたヒントを参考に事件の真相を暴きつつ、最終解答駅である羽田空港国際線ターミナル駅をめざす。

専用切符は泉岳寺~京急川崎間(空港線・大師線含む)のフリー区間が1日乗降り自由で、大人700円、小児350円。ラリー手帳のほか、特典として京急電鉄の制服姿のキャラクターのクリアファイルとシールが付く。ゴールするともらえる応募用紙で、「名弁護士認定書」と、『逆転裁判5』のソフトやグッズなどが当たる抽選に参加できる。「人気ゲームとコラボレーションすることで、夏の旅客誘致、旅客収入の増加を期待したい。また、ゲームをきっかけに、(利用者に)沿線の街の魅力を発見してもらいたい」(京急広報担当者)と話す。切符は品川駅または京急川崎駅の有人改札で購入できる。

written by kouhoukaigi

Follow Us