サル耳をつけた人だけに、“バナナ風”アイスをサンプリング

share

ネスレ日本は7日、10月に発売予定のアイス「ネスレ バンナナ」のサンプリングイベントを東京・原宿のYMスクエアで実施した。

同商品の特徴は、“バナナのように皮をむいて食べる”というギミック。外側の黄色いゼリーを皮のようにむくと、中のバニラアイスを食べることができる。ヨーロッパ、アジア、南米、アフリカなど20カ国以上で販売されており、日本では10月初旬に発売される。

サル

「バンナナ」は、外側のゼリーが白ぶどう風味で、内側がバニラアイス。バナナの形だが、バナナの味はしないという。

発売に先立って実施した今回のサンプリングは、8月7日の「バナナの日」に合わせて展開したもので、会場で配布された“オリジナル バンナナTシャツ”と“サルのカチューシャ”を着用した先着100人を対象に行われた。

「サルのような格好をした人が、バナナ型のアイスを食べる」空間を演出することで、イベントのインパクト、そして商品への注目度を高めることを狙った。

Follow Us