コラム

ニュースバリューからシェアバリューへ!「いいね!」されるPR

PRの効果を記事掲載件数以外で評価するには?

share

これまでに発表したトリップグラフィックスについて、ウケたものウケなかったものを分析してみたいと思います……が、その前に。ウケたかウケなかったかを、何をもって判断するのか、定義する必要があるかと思います。


日本全国の各都道府県を代表する観光スポット「TDFK47」を発表しました。
ぜひあなたの推し県(オシケン)に投票を!

トリップアドバイザーでは、トリップグラフィックスに限らず、あらゆるPR関連の発表やキャンペーンに関して、可能な限りランディングページを用意しています。

これは、このようにコンテンツ化しておくことで、二つの意味でのロングテイル、一つは一般のネットユーザーの検索流入、そしてもう一つ、メディアからの検索流入も期待できるからです。

当然のことですが、新聞やテレビの記者、制作会社のスタッフの皆さんも、情報収集にインターネットの検索を使っています。

PRコンテンツを検索できる状態にしておくことで、発表してからかなりの時間がたっても、関連したトピックスなどがあった際に、検索でみつけられ、問い合せをいただくケースも増えています。

また、これらのランディングページには、フェイスブックの「いいね!」やツイートなどのソーシャルボタンを設置しています。

もちろん第一の目的は、ソーシャルメディアを通じた拡散にありますが、もう一つの側面として、どのくらいそのコンテンツ(=PR発表)が訪問者の心に刺さったのかを測る、指標の一つにもなります。

≫次ページに続く

Follow Us