21歳限定!100店以上でビールが無料になるO2O施策がスタート

share

アサヒビールとリクルートライフスタイルは2014年2月3日~5月31日、協賛飲食店100店舗以上(※)に、21歳の消費者限定で送客するO2O施策「ビアマジ!21」を実施する。

(※)対象店舗は2月3日に発表予定

対象者は1992年4月2日~93年4月1日生まれの「21歳」。特設サイトで会員登録し、専用スマホアプリで協賛飲食店にチェックインすると、全店で生ビール1杯無料の特典を受けられる。協賛飲食店は100店舗以上なので、期間中に100杯以上の生ビールが無料になる計算だ。

神田・神保町エリア、新橋・有楽町エリア、東京駅周辺エリアの都内3エリアの飲食店が協賛する。

アサヒビールは参画飲食店舗の募集やサポート、リクルートライフスタイルは21歳に向けた告知や特設サイトの運用を担当。期間中に1万人の送客と、若年層に向けた酒文化や酒場の魅力伝達を目指す。

また、店舗への送客に加え、就職活動中やアルコールエントリー層である21歳を応援する「ビアマジ!」イベントを適宜開催する。アサヒビールとリクルートライフスタイルの若手社員によるパネルディスカッションなどの「就活生応援イベント」や、工場やアサヒビール直営店での「できたてビール体験」などを計画しており、会員登録した21歳は無料で参加できる。

Follow Us