コラム

シニアの心をわしづかみ!ラジオ通販の女王の販売術

松坂牛を番組本番、手でバキッ!売れるまであきらめない力

share

取材を受けた『ガイアの夜明け』が放送になると、凄い反響でした。同番組では私が松坂牛を安価に買い付けし、一度に多く食べられない高齢の方向けの商品をつくるまでの過程が流れたので、「この人ならうちの商品をなんとか売りさばいてくれるかも!!」なんてウワサになり、各地から毎日営業マンの方々が商品をもってお越しくださいました。

『かつみ・さゆりのちょこっと幸せ』収録での一コマ。著者が手にするのは、売れ筋の定番、松阪牛。

今も大ヒット商品である松阪牛切落し。1kgセットを6800円で売ろうという企画品です。三重県の松阪牛業者に何度も出向き、やっと出来た自信の企画!

しかも通販で困る量の多さ(一人暮らし、二人暮らしの方がラジオリスナーには多い)を500gずつのトレーにすることで解消できた!と得意満面でした。

ところが、この商品を、母を看てくれるヘルパーさんらに見てもらったら、「安くていいわ!松阪牛がこの値段なんてステキね。でも500g一度に食べられない。量が多すぎる!」、「500gだとトレーから出して解凍するのが大変」「250gずつのトレーならいいのにね」と厳しいご意見が。

250gずつのトレーなんて、特注しないとないのよ~。しかもお値段上がっちゃうよ!と絶句する私。ドキュメンタリー番組のナレーションでは「さあ、森さん困ったどうする!」と更に私を追い込んでいました。

次ページ 「そして、CM明けでテレビ画面に映ったのは、」(2/2)

Follow Us