日本広報学会の研究発表全国大会、10月に熊本で開催

share

会場の東海大学熊本キャンパス

会場の東海大学熊本キャンパス

日本広報学会の「第20回研究発表全国大会」の概要がこのほど明らかになった。10月18日、19日に熊本市の東海大学熊本キャンパスで開かれる。「グローカル時代におけるコーポレート・コミュニケーション戦略を深化する」を統一論題に、「くまモン」の生みの親とも言われる蒲島郁夫熊本県知事らが登壇する。

初日は2つの基調講演とパネルディスカッションが開かれる。1つ目の基調講演は、九州経済連合会の観光委員会委員長も務める石原進・九州旅客鉄道会長(登壇時は相談役)が九州の観光事業戦略について、2つ目は蒲島知事が「ロイヤリティフリー戦略」などくまモン活用による地域振興策について解説する。

その後、「グローカル時代におけるコーポレート・コミュニケーション戦略」と題したパネルディスカッションが行われる。登壇者は石原JR九州会長、蒲島知事のほか、異文化経営学会の馬越恵美子会長、長崎大学副学長・広報戦略本部長の深尾典男氏、日本広報学会副会長・事業構想大学院大学副学長の上野征洋氏、ファシリテーターは東海大学経営学部の小林寛子氏を予定している。

会員による研究発表は2日目に計27本行うほか、研究内容や自治体の活動などを掲示する「ポスターセッション」を初日、2日目ともに行う予定。

canne_lead

Follow Us