ドコモもビッグデータ利用支援へ インテージとの合弁会社

share

NTTドコモと調査会社インテージの合弁会社ドコモ・インサイトマーケティングは、企業のマーケティング活動を支援するデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)事業を7月中旬から開始する。クライアント企業に対し、消費者の趣味嗜好や購買傾向といった解析データを提供し、自社Webサイトや外部のメディアを用いたコミュニケーション支援を行う。

同社のDMPでは、Web閲覧履歴情報、インテージのモニター会員のリサーチデータ、NTTドコモが保有する携帯電話の契約・利用についての情報を解析し、より詳細なユーザーニーズや顧客像を導き出す。携帯電話の契約・利用情報は、個別に同意を得た情報に限り、個人特定性の高い情報を除くという。

また、2014年9月頃をめどとし、NTTドコモが保有するデータの一部について、同意を得た後にDMPに追加する予定。

インテージ」関連記事はこちら

Follow Us