アディダス、7月22日からFIFAワールドカップのマーケティングセミナー開催

share

アディダス ジャパンは7月22日から31日にかけて、東京・六本木でFIFAワールドカップのマーケティングをテーマとしたセミナーを開催する。

同社では1970年からFIFAオフィシャルパートナーを務めており、ブランドコミュニケーションや商品企画、デジタル、広報、セールスプロモーションといった各領域の担当者8人が今大会の戦略についてプレゼンテーションを行うもの。

6つの講座があり、各回の定員は60人。会場は東京・六本木ヒルズの特設カフェ「2014 FIFA World Cup Brazil™ STADIUM」となっている。

FIFAワールドカップ マーケティングセミナー 開催概要

日時:2014年7月22日(火)・23日(水)・24日(木)・29日(火)・30日(水)・31日(木)
各日程15:00~17:00(開場:14:30)
場所:六本木ヒルズ内「2014 FIFA World Cup Brazil™ STADIUM」
 ※詳しくはこちら
料金:5000円/1講座
   25000円/6講座(振込手数料別)

▼申し込み方法は下記にて▼


<講座内容>

7/22(火)

adidas「FIFA ワールドカップ」マーケティング戦略と実践
~新たな4Pで”勝つ”ビジネスモデルの構築~

講師:マーケティング事業本部 Head of Football Business Unit 山本 健

7/23(水)

adidas「FIFA ワールドカップ」デジタルマーケティング戦略
~ソーシャル時代におけるスポーツイベントの最大活用~

講師:マーケティング事業本部 Brand Marketing Director 河合 健太郎

7/24(木)(1)

adidas「FIFA ワールドカップ」広報戦略
~FIFA ワールドカップとサッカー日本代表を活用した企業広報およびブランドPR戦略~

講師:マーケティング事業本部 Brand/Corporate PR Senior Manager 金澤 めぐみ

7/24(木)(2)

adidas「FIFA ワールドカップ」インターナルコミュニケーション戦略
~社員モチベーション向上とオリジナリティある環境創りの構築~

講師:人事本部 Senior Manager 富川 裕一

7/29(火)(1)

adidas「FIFA ワールドカップ」セールスプロモーション戦略
~FIFA ワールドカップでお客様をその気にさせる秘策~

講師:営業統括本部 Account Marketing Senior Manager 安藤 亮平

7/29(火)(2)

adidas「FIFA ワールドカップ」エリアマーケティング戦略
~日本全国を巻き込んだマーケティング活動の裏側~

講師:Brand Marketing Manager 星 裕介

7/30(水)

adidas「FIFA ワールドカップ」ターゲットセグメンテーション戦略
~フットボールファンを増やせ。新規顧客への新たな取り組み~

講師:マーケティング事業本部 Brand Marketing Senior Manager 尾﨑 菜々子

7/31(木)

adidas「FIFA ワールドカップ」プロジェクトマネージメント戦略
~一大プロジェクトをクロスファンクションで戦う~

講師:マーケティング事業本部 2014 FIFAワールドカップ ブラジル プロジェクトリーダー 石津 大介

<申込方法>

下記の6項目を明記の上、Eメールにて申し込み。
申し込み先:adidas-seminar@rights-apartment.com
(adidas マーケティングセミナー事務局)

※記載事項
参加希望日(必須) ・氏名(必須) ・ふりがな(必須) ・電話番号(必須)・メールアドレス(必須)・会社名、所属部署、役職

<申込締切>

各回2営業日前19:00まで。
例)7月22日(火)の講座⇒7月18日(木)〆切

<支払方法>

事前の銀行振り込みのみ。
※当日会場での支払は不可。

<お問い合わせ先>

adidas マーケティングセミナー事務局
E-mail:adidas-seminar@rights-apartment.com
※対応時間:平日10:00~19:00(2014/8/1(金)まで)

アディダス ジャパン」関連記事はこちら

FIFAワールドカップ」関連記事はこちら

2014 FIFA World Cup Brazil™ STADIUM」関連記事はこちら

プロジェクトマネージメント」関連記事はこちら

クロスファンクション」関連記事はこちら

ターゲットセグメンテーション」関連記事はこちら

エリアマーケティング」関連記事はこちら

インターナルコミュニケーション」関連記事はこちら

Follow Us