無印良品とAKQA、「空気の流れ」を描くデジタルアートを上海店舗で展示

share

目に見えない空気の流れを体験させるデジタルアート作品。AKQAが担当した。

良品計画は11月28日、中国・上海の「無印良品」店舗で、人の動きに合わせて「空気の流れ」を描くデジタルアート作品「Air Drawing」の展示を始めた。10月末に発売した空気清浄機のプロモーションの一環で、AKQAが企画制作した。

「Air Drawing」は、来店者の身ぶりや手ぶりに合わせて、製品から立ち上る空気の流れをスクリーン上に描きだす作品。人の動きはマイクロソフトのジェスチャー入力装置「キネクト」で解析している。

「目指したのは、この空気清浄機が持つユニークで機能的なデザインを、目や耳で感じられるような体験装置」と話すのは、AKQAのグループ・クリエイティブ・ディレクターを務めるクロ-ディア・クリストバオ氏。「無印良品は純日本ブランドだが、同時に、世界中で通用する価値も持っていると感じる。共同プロジェクトを実現できて嬉しい」。

「Air Drawing」は11月末まで、東京・有楽町と池袋の店舗でも公開していた。

空気清浄機「MJ-AP1」のキービジュアル。開発にはバルミューダも携わっている。


「良品計画」に関連する記事はこちら
「AKQA」に関連する記事はこちら

Follow Us