複数サイトの統合化を実現した「T-SITE」大規模プロジェクトの舞台裏

share

2014年10月20日に新たなネットサービスとしてオープンした「T-SITE」。それまでバラバラだったCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)グループ各社が運営する複数のサイトを「T-SITE」として統合化する大規模プロジェクトは、どのように実現したのか。同プロジェクトを主導したT-MEDIAホールディングス(TMH)とIMJの現場のトップに、その舞台裏を聞いた。
IMJ

(左)IMJ 執行役員 デジタルマーケティング事業本部管掌 マーケティング&セールス本部管掌 事業開発室
管掌 高橋 剛氏(右)T-MEDIAホールディングス 取締役 T-SITE事業本部 本部長 根本浩史氏

構想から数年 ついに実現した大型プロジェクト

「T-SITE」は、約5000万人のT会員データベースをもとに、ユーザーの趣味・嗜好に合わせた情報が表示されるネットサービス。TSUTAYA onlineやTSUTAYA DISCASなど、CCCグループが運営する複数のサービスを統合する構想は数年前からあったものの、なかなか実現には至らなかった。

T-MEDIAホールディングス取締役T-SITE事業本部本部長根本浩史氏は、その背景を次のように語る。

「実現のハードルとなっていたのは実行力でした。それぞれのサービスが、独自の考え方や文化を持って運用されてきたため、システムやデザイン、IDもバラバラな状態である上に、各サイトには1日、数百万のユニークユーザーが訪問する。すでに確立されているこうしたサイトを統合することは、一から新しいサイトを制作するよりも大がかりな作業であるため、実現に舵を切るハードルが高かったのです」。

それを解決したのが、IMJとのパートナーシップだ。TMHとIMJは、一体の組織をつくり、サイトのビジョンづくりから、各サービスサイトの統合に伴うデジタル戦略の立案、構築、そして運用に至るまで、全面的に共同する「コスモプロジェクト」を立ち上げた。

これまで数々の大規模プロジェクトを手掛けてきたIMJの経験値やノウハウ、そしてプロジェクトの推進力に、根本氏は大きな期待を寄せていたという。

「いくら理想を掲げても、実行力がなければ実現しません。その実行力において最も重要なのが、圧倒的なリーダーシップと絶対的なリソースです。TMHには、これまでCCCのサービスサイトによって培ってきたアセットがある一方で、IMJには、多くのプロジェクトをマネジメントしてきたノウハウがありました。これらを融合させるため、それまで顔も知らなかった双方の企業の担当者が、何度も膝突き合わせて議論してきました」。

IMJ執行役員デジタルマーケティング事業本部管掌高橋剛氏も、こうした体制を築いたことが成功につながったと語る。

「プロジェクトには、両社合わせて約200人が携わりました。サイトのあるべき姿を話し合って決定するまでに半年以上かけるなど、プロジェクトの前提をしっかり共有できていたことが、実現の大きなポイントでした」。

オープンして間もない同サイトだが、訪問者の回遊率はすでに当初の想定の2倍に上り、その効果は早くも表れているという。

次ページ「レコメンド機能によりユーザーへの情報を最適化」



お問い合せ
株式会社アイ・エム・ジェイ マーケティング&セールス本部
TEL:03-6415-4268
E-mail:sl-info@imjp.co.jp

Follow Us