スタートアップ祭 CES2015を行く④——テキストよりデータの方が温かい

share

スタートアップと接続したい企業コミュニケーション

今回視察に来た日本の大手メーカーや広告関連の人たちも、スタートアップ系のブースを熱心に見て回っていました。いかに自社の商品やサービスと、ユーザーに親しまれているスタートアップ系のサービスやテクノロジーと接続できるのか?が、企業の商品展開やコミュニケーションを考える上で一つのテーマになってきているのを感じました。

「俺たちスマホにコントロールされてない?」への疑い感

最後に余談ですが、フィットネスの展示で、ずーっと人が走っているのを見て、むしろ人間がスマホに走らされている、もはや人間よりスマホの方が偉くなったのかな、的な感覚がありました。

「シンギュラリティ」(技術的特異点。コンピュータが人類の知性を超えるとされる日)というキーワードも流行り始めており、「人間VSスマホ(もしくはAI)」も、そろそろ実際世間的なトピックに挙がってくるかもしれません。

最後とりとめがなくなってしまいましたが、以上、主にガジェット・スタートアップ系のブースから見たCESのレポートをお届けしました。

「CES 2015」に関連する記事はこちら
「nuuo 林智彦氏」に関連する記事はこちら

林 智彦
nuuo 代表取締役。

1980年生まれ。博報堂などを経て独立。mixi年賀状、IS Parade、TOYOTA 86ファンコミュニティ、T-connectなどを手がける。文化庁メディア芸術祭エンタテイメント部門大賞、SXSW Interactive Award Finalistなど。

Follow Us