【今週の注目記事まとめ】「背伸びしたいワタシ」の“本能”とは!?、2014年度 交通広告とモバイルの利用実態など

share

ホラン千秋が“プロ級”にまで極めたアルバイトとは?女優までの道のり

足立:10代から芸能活動をされているんですよね。

ホラン:中学1年生の時に今の事務所のオーディションに応募したので、今年で14年目になります。

足立:応募したきっかけは何だったんですか。

ホラン:5、6歳の時にキッズモデルをしてから、ずっと芸能界への憧れがあったんです。元々、市民ミュージカルをやっていたんですけど、「お芝居とか歌を本格的にやりたいな、でも自信ないな」と思っていた時に、「応募してみたら」という母の声に押されて応募しました。

足立:最初の頃はどんなお仕事をされていたんですか。

ホラン:月刊の少女漫画誌の付録のモデルなどです。あとは、お芝居とかダンスのレッスンが多かったですね。

足立:2014年からお仕事が一気に増えました。ブレイクの年でしたね。

この記事の詳細はこちら

【前回コラム】「熱血スポーツ少女からモデルへ!西内まりやの素顔に迫る」はこちら

交通広告接触後、3割が車内で検索、2割が購入まで行う――ジェイアール東日本企画が調査結果を発表

交通広告接触後の商品・サービスに対する意識・行動
20代男性が、全体に比べて交通広告接触後に行動を起こす割合が高い。

ジェイアール東日本企画は、昨年9月に「2014年度 交通広告とモバイルの利用実態調査」(第1回交通モバイル調査)を実施し、このほどその調査結果をまとめ、2月26日に発表した。

それによると、交通広告に接触した後、約3割の人が車内で検索を行い、約2割がSNSで拡散、商品を購入していることが分かった。

車内で流行しそうな商品の広告を目にしたらその場でモバイルを使って詳細情報を検索するという行動や、ソーシャルネタになりそうな広告を見かけたら、その場でSNSに投稿する様子がうかがえる。

特に男性20代では……

この記事の詳細はこちら

彼女がそれを買う5秒前、「背伸びしたいワタシ」の“本能”が背中を押す

1人の新人OLがいる。トシは22、3。親のコネで中堅どころの商社に入ったけど、仕事にモチベーションを感じず、学生時代から付き合うカレはメーカーに入って名古屋に赴任。当面の悩みは空いた金曜夜の過ごし方という、どこにでもいるOLである。
そんな彼女が、とある週末、雑誌の『CanCam』を買おうと自宅近くのコンビニに入った。左に折れ、窓際の雑誌棚へ。だが、そこでふと別の雑誌に目が留まる。それは、自分よりもちょっと年上をターゲットにした姉妹誌の『AneCan』。この時、ポンっと彼女は背中を押され、気が付けば、『AneCan』を持ってレジへ–。
買う5秒前、何が彼女に心変わりをさせたのか?

——「背伸びしたいワタシ」である。若い女性が雑誌を購入する際、その手の“本能”が、彼女の背中を押すことが少なくないのだ。
そう、本能。

この記事の詳細はこちら

【前回コラム】「買う5秒前、何があなたの背中を押したのか?」はこちら

Follow Us