ウェブ・デジタルマーケティング施策の効果、5割が「期待以下」

share

IMJは、デジタルマーケティングの実行状況に関する実態調査を発表。ウェブ・デジタルマーケティング施策の効果で5割が「期待以下」であることがわかった。

近年、モバイル端末市場全体ではスマートフォン利用者が増加し、日々新たな技術が生み出されるなか、企業におけるデジタルマーケティングの重要性が益々大きくなっている。

企業のなかでデジタルマーケティングを推進しているマネジメント層、現場担当者の業務実態調査を実施することで現状の課題の抽出と、その課題が生み出される要因についての考察を行った。

施策の KGI/KPI 設定に課題

デジタルマーケティングの方針・戦略の策定状況について、自社の実施状況に当てはまるものを回答してもらったところ、ウェブ・デジタルマーケティングの「中長期的な戦略(方針・コンセプト)の策定」「年間戦略の策定」「戦略に基づいた施策の策定」の比率が最も高く、いずれも全体の4割を超える実施状況になった。

しかし、「中長期的な戦略の策定」においては、最も重要な位置づけでありながら、5割以上は取り組まれていない状況が見て取れた。なかでも、「戦略に基づいた施策の KPI/KGI 設定(31%)」と「関連人材の教育・育成(32%)」が最も取り組み比率が低く、どのように施策のモニタリングおよび定量評価を実施すべきか、どのように人材を教育・育成すべきか、という点で企業が課題を抱えていることが推察される。

「日々の決まった業務ばかりで戦略的取組が出来ていない」が課題のトップ

デジタルマーケティングを推進する上での課題では、「日々の決まった業務ばかりで戦略的な取組ができない」が 32%で最も高く、ルーチンワークに時間が割かれ、より重要度の高い業務の時間確保が難しい状況になっているのがうかがえる。課題として挙がっている上位の 2つ目が「業務の優先順位付けが難しい(30%)」となっており、目の前にある業務と中長期的な観点の業務との兼ね合いの難しさに課題を感じていることが見て取れる。

Follow Us