自販機、ショッピングカートに続き、今年はウォータースライダー-スプライト、2015年夏のプロモーション

share

コカ・コーラシステムは4月27日、最需要期の夏に向けて炭酸飲料「スプライト」のパッケージをリニューアルし、全国で販売を開始した。1971年に発売した同ブランド。今回のリニューアルでは、商品の特徴である強炭酸とレモンライム味の「刺激」「リフレッシュ感」をよりダイレクトに伝えるため、カラーやロゴまわりのデザインを変更している。

また、これに合わせて「心まで、スカッと爽快!」をコンセプトとしたキャンペーンを28日にスタートした。キャンペーンのアイコンは、「ウォータースライダー」。今回の企画のために特別に制作されたウォータースライダー「スプラッシュスライダー」を使い、スライダーを滑り降りる爽快感や水しぶきを浴びることで得られる刺激と、スプライトを飲んだときの爽やかな刺激をオーバーラップさせ、何気ない日常生活に刺激をもたらすブランドイメージを直感的に伝えたい考え。スプラッシュスライダーは、テレビCMやWebムービーに登場するだけでなく、実際に体験することができる一般参加型のイベントも予定されている。

テレビCM「スプラッシュスライダー」篇

またスプライトは、6月6~7日に東京・お台場で開催される、街中を巨大なウォータースライダーで滑るストリートイベント「スライド・ザ・シティ・ジャパン」に特別協賛する。昨年、米ソルトレイクシティで初めて開催され、日本に今年初上陸する同イベントへの協賛を通じて、ブランドメッセージをより効果的に訴求する狙いがある。

同ブランドは2013年・2014年の夏にも「水しぶき」をモチーフとしたアイコンを制作、それを軸にキャンペーンを展開してきた。2013年は、ボタンを押すと6メートルの高さからスプライト470mlペットボトルが落下して水しぶきがかかる「スプラッシュ自販機」、2014年は、スーパーマーケットなどにあるショッピングカートをベースに、水しぶきを浴びながらレール上を疾走する「スプラッシュカート」を制作した。

【関連記事】
【2013年振り返り】日本で最も見られた企業動画ランキング——1位は「スプラッシュ自販機」のメイキング映像

巨大自販機に続き、今度は高速ショッピングカートでびしょ濡れに ——スプライトの新キャンペーンが始動

スタッフリスト

企画制作
博報堂+太陽企画
CD
齋藤迅
企画
波多野順、福井健史
C
金そよん
PR
大野鉄平、片桐広基
PM
寺山慶、近藤亮介
演出
山本真也
撮影
菅祐輔
美術
金子宙生
ST
香川真希枝
CAS
堀内みずき
ポストプロダクション
デジタルガーデン
編集
前谷亜季 遠藤知洋
サウンド
辰巳茜璃 三田裕
AE
高橋永、関口あゆ子
NA
板谷一葵
出演
佐藤栞里、長谷川眞優

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/D:デザイナー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/FLASH:flash制作/ME:マークアップ・エンジニア/PGR:プログラマー/EPR:エグゼクティブプロデューサー/PR:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/AP:アカウントプランナー/MA:録音/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/I:イラストレーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us