日本初!名古屋駅周辺で広告付き歩行者案内板の実証実験開始

share

エムシードゥコーは、「名古屋駅地区における公共空間の利活用を通じたまちづくり社会実験」に参加し、新たな歩行者案内板として、広告付き多機能型パネルを常設する実証実験を4月28日より開始した。

歩行者案内板面

多機能型パネルは多言語対応の地図や無料の公衆無線LANを提供するほか、平常時に時刻や気象情報を伝え、非常時に緊急地震速報や緊急警報放送を伝える。

実験の目的は、市民や来訪者に対する利便性向上のため、民間事業者の参画により、公衆無線LANなどの機能を備えた歩行者案内板を設置して広告を掲出し、その収益を歩行者案内板の設置費や維持管理費、さらにはエリアマネジメントの取り組みの費用に充てるなどの民間活力を導入した仕組みについて検討するために行う。

実証実験は多機能型パネルのフリーWi-Fi機能を活用し、「MEIEKI_Free_Wi-Fi」を提供。同Wi-FIは、NTTブロードバンドプラットフォームが提供するAndroid/iOSアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」に参画しており、一度アプリの利用登録を行えば、名古屋駅周辺のスマートパネル設置エリアに加え、約10万カ所の空港、駅などの生活動線に設置したアクセスポイントにて、手軽な操作でフリーWi-Fiを利用可能になる。また、実験期間を通じて、Wi-Fiサービスに関連したさまざまな新しいサービスの提供を試みる予定だ。

多機能型パネルは、公民連携の取り組みによって、広告料収入を原資とすることで、市民や自治体の負担なく長期間にわたってより適切な情報と維持管理を提供でき、名古屋の魅力向上と、市民や来訪者などの歩行者に対する利便性向上に貢献する。

実証実験の担当役割

Follow Us