ビール瓶で演奏する、「ラーメン」をイメージしたクラシックの名曲!?——キリン一番搾りのグローバルブランディング

share

キリンは3月から5月にかけて、一番搾り「KIRIN ICHIBAN」のグローバルブランディングの一環で、4本のWebムービーを公開した。
タイトルには「SUSHI(寿司)」「TEMPURA(天ぷら)」「RAMEN(ラーメン)」「YAKITORI(焼き鳥)」と、和食を代表する料理の名が冠されており、それぞれをイメージしたクラシックの名曲が、なんとビール瓶を使って演奏される様子が収められている。

起用されたのは、ビール瓶やペットボトルを用いた演奏を得意とする、デンマーク・コペンハーゲン発の音楽パフォーマンスグループ「Bottle Boys」。彼らが一番搾りの瓶で奏でるメロディーと、卵を割ったり、包丁で切ったり、煮たり、焼いたり、揚げたり…といった料理人たちが調理する音とが合わさって、一つの音楽をつくりあげる。
演奏曲はそれぞれ、SUSHIは「Radetzky March(ラデツキー行進曲)」、TEMPURAは「Waltz of the Flowers(花のワルツ)」、RAMENは「The Blue Danube(美しく青きドナウ)」、YAKITORIは「CARMEN(カルメン)」。

2013年12月に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを追い風に、日本食への注目がより一層高まっている。この状況を受けて制作された同ムービーには、「和食に合うプレミアムビール」という一番搾りの特徴を打ち出す狙いがある。

博報堂の担当者によると、「動画は、『Japan Today』や『Gizmodo』など、20カ国・100以上のWebメディアで紹介されるなど海外で話題が拡散。Yahoo!Japanの映像トピックスや国内主要キュレーションメディアでも紹介され、動画・記事のシェア数は現在1万5000以上にのぼっている」という。

「SUSHI」。いずれのムービーも、最後に調理手順の解説がついている。

「TEMPURA」。ムービーの撮影は、東京・白金の八芳園で行われた。

「RAMEN」

「YAKITORI」

メイキングムービー


「キリン」に関連する記事はこちら
「博報堂」に関連する記事はこちら

スタッフリスト

企画制作
博報堂+太陽企画+M7
CD
益田準也
企画
武田義史、引間智彦
AD
長島 慎
D
加納真之介
PR
香田史生、井上貴生、細川修平
PM
田辺剛、森重智子、前川あかね
撮影
菅祐輔
照明
溝口知
美術
鎌田佳直
編集
針谷匠
音楽PR
渡辺秀文、近谷直之
SE
野村弘
フードコーディネーター
森沢のり子
シズル
秋山友世
衣装
香川真希枝
HM
木下きのこ
CAS
渡邉まこと
Webディレクター
鳥巣由貴子
Webデザイン
FARVE
HTML
World Wide System
AE
伊藤貴昭、蓮見一成、伊藤松太郎

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/D:デザイナー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/FLASH:flash制作/ME:マークアップ・エンジニア/PGR:プログラマー/EPR:エグゼクティブプロデューサー/PR:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/AP:アカウントプランナー/MA:録音/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/I:イラストレーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us