「コードアワード2015」、グランプリは「ヤフートレンドコースター」

share

D2Cは10日、デジタルを活用したマーケティング・コミュニケーション施策を表彰する「コードアワード2015」の受賞作品を発表した。受賞作品は計13点。最高賞のグランプリには、「ヤフートレンドコースター」(ヤフー)が選ばれた。

2014年4月1日~2015年3月31日に実施・開始されたマーケティング・コミュニケーション施策を対象にエントリーを受け付け、今年は昨年の92点を超える123点の作品が集まった。審査員長のPARTY・伊藤直樹氏以下、マーケティングの専門家7名による審査を経て、「ベスト・イフェクティブ」「ベスト・イノベーション」「ベスト・キャンペーン」「ベスト・クラフト」の各賞が決定した。

グランプリの「ヤフートレンドコースター」は、リアルタイム検索とバーチャルリアリティを組み合わせた体験型アトラクション。「検索結果グラフからジェネレートされたコースは、SNSなどでのシェア数の推移を表している。ビッグデータを可視化するだけではなく、データそのものを体感できるという点が、インターネットの未来のあるひとつの形を示している」との評価を受けた。

グランプリ以下、各賞の結果は以下の通り。「ベスト・イフェクティブ」「ベスト・イノベーション」「ベスト・キャンペーン」「ベスト・クラフト」の4賞は、各賞の基準に沿って審査し、それぞれベスト(1作品)、グッド(2作品)が選出された。

グランプリ

ヤフー Yahoo!JAPAN「ヤフートレンドコースター」
〇広告会社:博報堂+博報堂ケトル
〇制作会社:dot by dot inc.+AID-DCC Inc.+切札+invisible designs lab.+beatnik inc. +TOKYO+テー・オー・ダブリュー
★施策について詳しくはこちら

ベスト・イフェクティブ

【審査基準】成果(売上、ブランディング、会員獲得、イベント参加者、シェア数など)が伴ったマーケティングコミュニケーション施策

ベスト

ベリグリ Ravijour「TRUE LOVE TESTER」
〇広告会社:TEAM PIRATES
〇制作会社: kichi inc.+Rhizomatiks co.,ltd.+ROBOT COMMUNICATIONS INC.+ORB-IT LIMITED

★施策について詳しくはこちら

グッド1

沖縄県庁 沖縄への欧米を中心とした外国人観光客誘致「OKINAWA: A Journey of Discovery」

グッド2

トヨタモーターセールス&マーケティング TOYOTA DREAM CAR ART CONTEST「DREAM CAR OF THE DAY」

ベスト・イノベーション

【審査基準】これまでになかった新たなビジネスモデルやプロダクト・サービスの付加価値を創造した施策、また画期的な手法を用いたマーケティングコミュニケーション施策

ベスト

スタッフアップ 新人アイドルMIKA★RIKA「フリー素材アイドル」
〇広告会社:電通
〇制作会社:アマナ

グッド1

日本テレビ放送網 箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競争)「箱根駅伝 ニュースフラッシュバナー」

グッド2

東京地下鉄 東京メトロ「MEET METRO」

Follow Us