コラム

「広告ビジネスに関わる人のメディアガイド2015」リレーコラム

ラジオ放送の多様な「聴き方」続々と 聴取環境改善へ

share

博報堂DYグループの社内向け冊子を書籍化した「広告ビジネスに関わる人のためのメディアガイド2015」が4月下旬に発売されました。発刊を記念し、編集・執筆に関わった博報堂DYメディアパートナーズ社員が各メディアのトピックを紹介します。

「radiko(ラジコ)」には民放70局以上が参画

ここ10年来、減少傾向であったラジオの広告費も、昨年度は前年比102.3%と、上昇基調が見えてきました。民放連研究所によると、2015年度もラジオ全体で0.5%の伸びになるとの予測が出ています。

しかし予断を許さない状況であり、ビデオリサーチによる首都圏の聴取率調査ではセッツ・イン・ユース(男女12~69歳 週平均6~24時=注)が昨年10月以降、6.0%を切ったままです。この要因のひとつにラジオの聴取環境の悪化が挙げられるでしょう。

住環境の変化や高層建築の林立により、電波が届きにくくなったことに加え、さまざまな電子機器の普及によって、今の都市部には大量の電子ノイズが充満しています。

代表的な発生源はインバーターと呼ばれる装置です。各家庭に送られる電気は固定された電圧と周波数を持った交流です。これをそのまま電圧や周波数を制御するのは非常に難しいため、一旦直流に変換し、交流に戻(逆変換)してコントロールしています。

最近のエアコンや冷蔵庫、炊飯器など多くの家電製品や、大きいものではビルのエレベーターや鉄道車両にも使われており、欠かせないシステムであるため、今後増えることはあっても減ることはないと考えられます。

shutterstock_242551225

ラジオの聴き方も多様化 画像提供:Shutterstock

こうした難聴取を解消するためにスタートしたサービスの一つが、インターネット経由でラジオを聴くことができる「radiko(ラジコ)」です。

2010年から実用試験配信を開始、今年の4月時点で民放ラジオ70局以上がそのプラットフォームを通じて配信を行っています。また昨年、放送エリアの制限をはずした有料のエリアフリーサービス「radiko.jpプレミアム」も開始され、会員数も当初の計画を上回るペースで伸びているようです。

(注)セッツ・イン・ユース:調査対象世帯のテレビやラジオのスイッチの入れられている受像(信)機の割合。

次ページ 「画像やテキストもラジオで受信」に続く


04171122_55306e585cc1f

広告ビジネスに関わる人のメディアガイド2015
博報堂DYグループ各社で長い間使われてきた、メディアの広告ビジネスに携わるすべての人のためのデータブック。マスメディアやインターネット、交通・屋外メディアの概要・分類や用語解説、接触データなど、各種情報が詰まった「使える」1冊。
amazonで詳細をみる

Follow Us