コラム

広告のやり方で、スポーツを創ってみた。

テクノロジーは、スポーツ用品だ。

share

【前回のコラム】「体の一部を、OFFにしよう。」はこちら

「メッシはバルサでは活躍するけど、
 アルゼンチン代表だとそうでもない」

この言葉を知人から聞き、ハッとしたことがあります。
人は環境に活かされる。
環境との相性って絶対にある。
今の環境がすべてじゃない。
今の自分がすべてじゃない。
転校や転職が、転機になることがある。

事業も一緒です。
いわゆる「事業ドメイン」を見極めることが大事になります。
これは僕が語らずとも
いろんな記事やら本やらで読めるので割愛しますが、
今の事業ドメインがベストなのか。
常に見定める必要があります。

テクノロジーもしかりです。
IoT夜明け前であり、3Dプリンタ産業の黎明期でもあり、
これからが面白い時代ですが、
果たしてどのドメインで目の前のテクノロジーが
最大限活きるのかを見極める必要があります。
環境やドメインを思い切って一度ズラしてみると、
思わぬ景色が広がっているかもしれません。

ゆるスポーツには今、
日本中の様々なテクノロジー(テクニウム全般)が
集まってきています。
我々が抱えるスポーツクリエーターが、
それらのテクノロジーをスポーツ用品として捉え、
実に様々なスポーツを開発しています。

Follow Us