ベクトルのクライアントも登場 PR会社舞台の映画公開、BS-TBSとの共同事業で

share

ベクトルとBS-TBSは6日、ストーリーに企業や商品、サービスなどを盛り込む手法を用いたタイアップ映画制作事業「ストーリープレイスメントフィルム」を本格展開すると発表した。第一弾として、PR会社を舞台にした映画『東京PRウーマン』を制作。8月22日より公開する。

(左から)ベクトル 代表取締役社長 西江肇司氏、BS-TBS メディア事業局 局長 丹羽多聞アンドリウ氏、インベスターズクラウド 代表取締役 古木大咲氏

ベクトル 代表取締役社長 西江肇司氏、BS-TBS メディア事業局 局長 丹羽多聞アンドリウ氏、インベスターズクラウド 代表取締役 古木大咲氏

ストーリープレイスメントとは広告手法のひとつで、企業や商品、サービスをストーリーの軸に据えて話を構成し、登場人物やメインのロケ地に据える手法のこと。劇中内で一時的に特定の企業名や商品名(商標)を露出させるプロダクトプレイスメントとは異なり、ストーリーそのものが商品やサービスと連動する。海外の映画では、『プラダを着た悪魔』『ソーシャルネットワーク』『LIFE』などが例に挙げられるという。

これまで『ケータイ刑事』『東京少女』など、プロダクトプレイスメントを用いたドラマの制作経験があるBS-TBSのノウハウと、ベクトルが持つPRノウハウを掛け合わせ、映画制作からPRまでを一貫して受け持つ。映画をマーケティングの新しい手法として確立させる狙い。

第一弾作品の『東京PRウーマン』は、PR会社自体の認知向上とベクトルのリクルーティングを目的とした映画で、主人公はベクトルで働いているという設定。劇中にはベクトルの実際のクライアントも多数登場する。
記者会見では、ベクトル 代表取締役社長の西江肇司氏やBS-TBS メディア事業局 局長の丹羽多聞アンドリウ氏、第二弾の制作が決まっているインベスターズクラウド 代表取締役 古木大咲氏が登壇。「キャスティングも主演の山本美月さんが『初主演』であることや、旬なタレント・モデルを多く起用するなど、メディアに好まれそうな条件を揃えたPR目線で行った」と語った。トレーラーやテレビなどを通して累計10億円の露出を見込んでいる。


「ベクトル」に関連する記事はこちら

Follow Us