「共感」ボタンのテスト開始 フェイスブック、広告も対象に

share

テストが始まったFacebookの「共感」ボタン。
アニメーション・アイコンになっている。

米フェイスブックは8日、Facebook上の友人や企業による投稿に対し、共感を示すための「リアクション・ボタン」のテストを始めたと発表した。これまでの「いいね!(Like)」を拡張し、「あはは(Haha)」と笑うものや、「悲しいね(Sad)」など6つを新たに追加する。

テストは、アイルランドとスペインのFacebook利用者を対象に行う。彼らが「共感ボタン」を押せるFacebook投稿は、広告や企業向けページを含む、すべての投稿となるもよう。いずれの共感ボタンが押されても、従来の「いいね!」と同様、「より意味のある投稿」とみなされ、多くの利用者の目に触れやすくなる。

従来の「いいね!(Like)」に加え、
さまざまな感情を表現する6つのボタンをテストする。

投稿への共感を示すボタンは、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏が、利用者との交流の場で、導入を予告していた。「いいね!」ボタンは、「事件や訃報など賛意を示しにくい投稿には押しづらい」として、「よくないね!(Dislike)」ボタンを求める声があった。


「Facebook」に関連する記事はこちら

Follow Us