制作陣には松任谷由実も——石川県の新・観光誘客促進ムービーが公開

share

今年3月に北陸新幹線が延伸開業し、来県観光客数を順調に伸ばしている石川県。開業直後のゴールデンウィーク期間中(4月29日~5月6日)、金沢城公園を訪れた人は前年同期2.5倍の約15万8000人、日本三名園の兼六園は同1.8倍の約11万8000人、金沢21世紀美術館は1.3倍の約10万4000人にのぼるなど、県内各地の人出が前年を大きく上回った。

そんな同県が、観光誘客の促進を目的に制作したムービー「いしかわ百万石物語〜ひゃくまんさん小唄〜」が8日に公開された。

オリジナルの小唄「ひゃくまんさん小唄」をバックに、ひゃくまんさんと金沢芸妓、地元の子どもたちが踊りを披露する「子どもバージョン」と、それを編曲した「正調バージョン」の2パターンある。

メイキング

動画には、金箔や黒漆、加賀友禅、九谷五彩といった石川県の伝統工芸が身体にあしらわれている、同県観光PRマスコットキャラクター「ひゃくまんさん」が登場。金沢の金沢城・兼六園・ひがし茶屋街、能登の千枚田・恋路海岸、加賀の山代温泉古総湯・那谷寺、白山の白山比咩神社・雪だるま祭りなど、県内各地のさまざまな観光素材を紹介することで、同県への旅の動機づけを図る。

ムービーの楽曲として使用された「ひゃくまんさん小唄」の作曲は、同県観光ブランドプロデューサーを務める松任谷由実さん、監修・作詞は、同県観光総合プロデューサーを務める早川和良さんが手がけた。

観光総合プロデューサーは、観光誘客の促進を目的に2005年に策定された「新ほっと石川観光プラン」の実施事項の一つとして設置されたポジション。金沢美術大学の出身で、かつCMディレクターとしての仕事にJR東海の「クリスマス・エクスプレス」シリーズがあったことから早川さんが就任し、観光戦略の推進を県と二人三脚で担ってきた。早川さんは、ひゃくまんさんの企画制作にも携わった。

ムービーは、県の公式サイトやYouTube、首都圏アンテナショップ、首都圏等のPRイベント会場、金沢駅観光案内所などで放映される。

【関連記事】
[石川県×早川和良さんのアイデア会議]県外からの視点と県内の突破力、その両輪が成功の鍵に

スタッフリスト

企画制作
TYO CampKAZ
作曲
松任谷由実
編曲
ASA-CHANG
音楽PR
丹俊樹
監修・作詞
早川和良
EPR
齋藤雅隆
PR
西原正浩、はの木澤毅治
PM
太田CD祐二
プロダクション・アシスタント
星伸之
Prop
TARAMARU
演出+編集(オフライン)
吉村瞳
アニメーション
斎藤俊介
タイトルデザイン
田中聡美
撮影
北村真太郎
DIT
松平堅成
照明
川崎浩之
美術
有松誠一、庭田建具
ST
斎藤房江
ST+HM
中山尚美
スタジオ
小笠原圭彦
コーディネーター
稲場美和子
編集(オンライン)+コンポジター
山下武郎
編集(オンライン)
金野淳也、山本鴻、三浦義弘

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/D:デザイナー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/FLASH:flash制作/ME:マークアップ・エンジニア/PGR:プログラマー/EPR:エグゼクティブプロデューサー/PR:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/AP:アカウントプランナー/MA:録音/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/I:イラストレーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us